▶【厳選】勝つための株式投資の本一覧

AIがもたらす経済の影響について(大学入試小論文)

AIがもたらす経済の影響について(大学入試小論文)です。

スポンサーリンク

AIがもたらす経済の影響についての問題

近年の技術進歩の発達には目を見張るものがある。とりわけ人工知能は私達に大きな影響を及ぼすと考えられる。現在存在する人工知能は全て特化型人工知能であり、特定の課題しかこなすことができない。しかし、今後様々な知的作業が可能な汎用人工知能が開発されるとされ、経済構造が劇的に変化する可能性がある。汎用人工知能の普及後の世界をユートピアとすることができるか否かは、私達の選択にかかっている。

以上のように筆者述べているが、あなたの見解について800字以内で記述せよ。

AIがもたらす経済の影響についての見解

汎用人工知能が2030年頃に出現した場合、世界はあらゆる人々が豊かに暮らすことのできるユートピアになると考える。

汎用人工知能が普及した場合、多くの人々の職は失われてしまうだろう。これまでの特化型人工知能が得意としていた量をこなすような単純作業はもちろん、これまで人間が機械に対して優位性のあった知識や経験を使った複雑な職業も汎用人工知能にとって変わられてしまうと考える。しかし、このことにより、ほとんどの人々は働くことなく充実した毎日を過ごすことが可能になると考える。

労働環境の変化

人々はこれまで様々な業種で様々な形で労働をし、その対価として賃金を得て生活をしてきた。当然、働く業種や内容によって賃金は大きく異なり、それが貧富の差へとつながってしまっている。しかし、汎用人工知能が出現することで、これまで人々が行ってきた労働はほぼ全て機械に任せることができる。もちろん、これにより人々は賃金を得ることができなくなってしまうが、大多数の人々の所得がなくなるため、貨幣自体の価値がなくなってしまうと考える。これまで人々が必要としてきたものは全て汎用人工知能によって生産性が保たれているため、生活必需品に困るようなことはない。また、貧富という概念もなくなり、本当の意味での平等も同時に達成できると考える。

以上のように、近い将来汎用人工知能が出現した場合、人々の暮らしは豊かなものになると考える。

経済・商学部論文
スポンサーリンク
KABUMO

コメント

テキストのコピーはできません。