円高に強いメリットがある株式企業銘柄一覧

スポンサーリンク

リセッションが起こると得てして、日本は円高になることが多く、またアメリカが対日貿易の赤字縮小を目論んでいることもあって、もう一段とドル安円高への為替誘導も考えられます。そこで今回は、円高に強いメリットがある企業を厳選してみました。

スポンサーリンク

円高に強い企業銘柄一覧

一般的に、円高になると、輸出関連株より、内需(国内)で経営をしている企業が有利とされています。また、原料(材料、食料など)海外から安く仕入れることができる点が挙げられます。特に、原油を安く仕入れられることは、大きなメリットですね。また、円高になると海外旅行も安くいけるようになることから、航空・旅行関係の企業にもメリットがありそうです。

石油関連、航空・旅行関係、製紙業、外食産業、アパレル産業などに注目ですね。

アドベンチャー

アドベンチャービジネスモデル図解
円高になれば、海外旅行への旅行には割安感が出ることから海外旅行者が増えると判断。中でもアドベンチャーの提供するスカイチケットは、旅行アプリ部門で大手を抑え、常に1位もしくは上位をキープ。最近では、海外航空券とホテルを同時予約するダイナミックパッケージ商品の販売も開始しており、利便性も上昇している。

明治機械

製粉・飼料などの製造プラント(製粉機械メーカー)業界No.1のシェアを占める企業が明治機械。小麦、大豆やトウモロコシなどの輸入食料を安く仕入れることができるため、プラントの受注も増えるのではと判断。

ANAホールディングス

主に。航空事業を展開し、国内線、国際線で首位。3ブランド「ANA」「Peach」「AirJapan」のポートフォリオ最適化によるトップラインの拡大し、成長ドライバーは「国際線」、「レジャー」、「訪日客」としている。アフターコロナに向けて、ボラティリティ耐性の高い、持続的に成長できる収益モデルを構築を目指している。

アークランドサービスホールディングス

とんかつ専門店「かつや」を運営。豚肉は、北米(カナダ・アメリカ)産豚肉を仕入れいることから、円高メリット、為替差益を享受できます。業績自体も好調のことからさらなる上乗せができるではと判断。

コメント

テキストのコピーはできません。