▶【厳選】勝つための株式投資の本一覧

東京センチュリーの企業研究(業績・ビジネスモデル)

証券コード【8439】東京センチュリーの企業研究(業績・ビジネスモデル)です。

スポンサーリンク

東京センチュリーの概要

「従来型のリース」に加えて、環境・エネルギー太陽光の発電事業、不動産、法人・個人向けオートリース、レンタカーまでの広範なサービスラインナップ海外地場優良企業、金融機関などを事業パートナーとするアライアンス戦略の推進をしている企業。

東京センチュリーのビジネスモデル

東京センチュリービジネスモデル図解

東京センチュリーの事業ドメイン

■国内リース事業分野
様々な物件をラインナップとする金融・サービスの提供、「ITソリューション」「サブスクリプション」などデジタル領域に着目した有力パートナーとの共創ビジネスを多数展開
■国内オート事業分野
法人・個人向けオートリースからレンタカーまで圧倒的なサービスラインナップのもと、顧客ニーズに応じた高品質なサービスを提供
■スペシャルティ事業分野
船舶、航空機、環境・エネルギー、不動産、ストラクチャード・ファイナンス、プリンシパル・インベストメントなどを対象に高度な専門スキルを駆使した金融・サービスを提供
■国際事業分野
海外地場優良企業、金融機関などを事業パートナーとするアライアンス戦略の推進により、各国固有のニーズに応える専門サービスを提供

東京センチュリーの売上推移

年度売上(百万円)備考
20181,012,200
20191,067,612
20201,166,599
20211,200,184
20221,277,976

経常利益は、国際事業、国内オート事業の伸⾧などにより124億円の増益

東京センチュリーの強み

  • リース業に50年来の蓄積した信頼と「金融とサービス」
  • プロフェッショナルな人材育成

企業研究
スポンサーリンク
KABUMO

コメント

テキストのコピーはできません。