【株式用語】公募増資 public offering

スポンサーリンク

公募増資 public offering

広く一般の投資家を対象に新株を発行, 募集するもの。国内と同時に海外で も公募するのをグローバル・オファリング (global offering)という。株主資本の充実や設備投資の調達のほ か,株主層の拡大, 株式分布状況の改善による流通性の向上や, 買い占めなどへの対抗が狙いとされることもある。公募価格は既存株主の利益を損なわないように, 時価に近い水準に決められるので, 公募増資は時価発行増資でもあるのが一般的である。

スポンサーリンク

日本の公募

日本では、公募増資は株式市場の需給関係を悪 化させる恐れがあるとして,利益や配当水準などの面で一定の基準を満たした企業しか認められず、増資後も株式分割(無償増資)や配当性向の維持を義務づけられるなど, 制約 があった。しかし,こうした規制は時代遅れとの認識が強まり, 1996年4月から公募増資に関するすべての規制が撤廃された。

ブックビルディング

公募新株の発行価格(公募価格)の決定にあたっては、通常ブックビルディング方式で決めるが、その場合、ブックビルディング方式で決めた公募価格より, バランスシートに載せる商法上の発行価格を少し低くして発行会社の手取り額とし,差額は引受証券会社の手数料とするスプレッド方式を採用するところがふえている。この方式だと引必至 数料分を発行費用として計上する必要がなく, 期間利益への影響を避けられるというメリットがある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク