メジャーSQが株価に与える影響とその理由

特別清算指数(SQ)とは、Special Quotationの略で、最終的な決済期日(毎月の第2金曜日)で決済するための清算価格(指数)です。何の精算価格なのかといえば、株価指数先物取引や株価指数のオプション取引などの特別な価格です。

中でも、毎年3、6、9、12月の先物とオプションの清算が重なることをメジャーSQといいます。特に、メジャーSQでは、株価の動きを注視する必要があります。その理由について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

メジャーSQが株価に与える影響

  • メジャーSQの週は、清算価格を巡る思惑的な売買が膨らみやすい。
  • 先物やオプションの取引主体が、SQ直前で時間が限られている。

以上の理由から、取引株価が一時的に大きく変動するこが少なくありません。

思惑的な売買

特に前のSQと今回迫るSQとの株価の幅が大きいとき(株が大きく下がっている、または、株価が大きく上がっている)ときは、注視したいところです。それは、トレンドの転換点となりうるからです。

たとえば、株価が大きく上がっているときは、売り方がロールオーバー(乗り換え)はせず、ポジションを清算すること(買い戻す)ことっで、株価上昇さらに加速するかもしれません。また、その逆も然りで、売り方優勢であれば、トレンド転換をすることもあるでしょう。

前回と今回のSQの株価の変動が大きいときは、一時的な調整が多いように思えます。下がっている特は、上昇、上がっているときは、下落ということです。

SQの日程

SQの種類日程対象取引
メジャーSQ3月、6月、9月、12月の第2金曜日株価指数先物や上場株価指数オプション
一般マイナーSQその他8回の月の第2金曜日上場株価指数オプションのみ

コメント