【高校・政治経済】資本主義経済のしくみと発達

スポンサーリンク

経済分野第1講として、【高校・政治経済】資本主義経済のしくみと発達をまとめています。

経済

人類は生きるために、自然に働きかけて農作物を生産したり、 工場で衣服や電気製品・自動車を生産するなど、さまざまなモ ノを生産し、消費している。また、 教育を受けたり、メディアなどから情報を受けとったり、電車に乗るなどサービスを利用している。このように、人の生活に役立つモノ(財)・サービスを生産し、消費する人間の活動を経済という。

スポンサーリンク

経済のしくみ

現在の世界には、

  • 資本主義経済
  • 社会主義経済

という2つの経済体制があるが、多くの国々が資本主義経済のしくみを採用している。

資本主義経済のしくみ

資本主義経済は、つぎの3つがおもな特徴としてあげられる。

  1. 私有財産制:機械や原材料などの生産手段の私有が認められている。
  2. 経済活動の自由:利潤の追求を目的とした自由競争がおこなわれている。
  3. 多くの財は、市場で売るための商品として生産され、労働力も商品となっている。

資本主義経済の成立

18世紀半ばすぎにイギリスでおこった産業革命では、蒸気機や紡績・織物の機械などが発明・改良され、マニュファクチュア(工場制手工業)から工場制機械工業へと生産が転換した。 工場制機械工業の成立によって、繊維製品を人手をかけずに安 く大量生産することが可能となり、多くの労働者が工場で働くようになった。この結果、農業を主とする自給自足的な経済から、工場での商品生産を主とする資本主義経済へ移行した。

確立期の資本主義経済

産業資本主義ともよばれ、多数の小 規模な企業による自由競争がおこなわれた。そこでは、他の企 業との競争に勝つために、「より良い商品を、より安く」生産しようとし、技術革新(イノベーション)や生産規模の拡大による生産費(コスト)の引き下げ(規模の経済)がはかられた。また、 商品の需要と供給は、価格によって調整される市場経済のしくみが機能していた。

夜警国家と安価な政府

資本主義の確立期には、政府の役割を国防や治安の維持など必要最小限なものとする夜警国家や安価な政府が理想とされた。経済学の父とよばれるイギリスの経済学者アダム・ スミスは、自分自身の利益を追求する個人や企業の自由な経済活動が、神の「見えざる手」に導かれて公共の利益を促進するとし、政府が経済に干渉しない自由放任主義を唱えた。また、同じイギリスの経済学者リカードは比較生産費説を唱え、政府による貿易への干渉をやめ、自由貿易をおこなうことが各国の利 益になると主張した。

資本主義経済の発達

世界で最初に産業革命を経験したイギリスは「世界の工場」とよばれ、世界経済をリードしたが、産業革命はフランスやドイツ・アメリカにも広がり、日本も日清・日露戦争のころには産業革命を成しとげた。

19世紀後半には、鉄鋼や内燃機関・電気などの分野で技術革新がおこり、重化学工業化が進んだ。その結果、企業が大規模化し、多額の資本が必要となって株式会社制度が発達した。

生産の集積・集中が進み、競争に勝ち残った少数の大企業が市場を支配(寡占)するようになった。このような新たな段階の資本主義を独占資本主義ということもある。

欧米資本主義諸国は強力な軍事力を背景に、アジア・アフリカを原材料の供給地や製品の輸出市場。あるいは資本の投資先とする植民地化政策をおし進め、たがいに対立するようになった(帝国主義)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク