【高校・経済】金融と金融政策

スポンサーリンク

【高校・経済】金融と金融政策についてまとめています。金融と金融政策に関して、金融の意義、目的、直接金融、間接金融などについてふれています。それでは、【高校・経済】金融と金融政策です。

金融

金融とは、資金融通、つまり、お金の貸し借りのことです。たとえば、企業の資金調達方法を考えると、一般の国民から株式というかたちで投資してもらったり、社債というかたちでの直接金融。または、銀行型の貸し出してもらう間接金融という2種類があります。銀行からの借入金を間接金融とよぶのは、国民の預金が銀行を媒介として、間接的に企業に貸し付けられているからです。

スポンサーリンク

株式と社債

株式と社債は、有価証券を発行して資金を集める点では共通しています。

  • 有価証券…証書の上に何らかの権利が表章されたもの。
  • 株式…資金を会社に出資してくれる人を集める方法(投資)、企業にとっては自己資本
  • 社債…資金を貸してくれる人を集める方法(借入金)、企業にとって会社債務(借金)。他人資本ともいえます。

金融政策

通貨当局が、金融の媒介になっている銀行などに資金の融通を積極的に行われたり、あるいは制限することです。金融緩和、金融引き締めなどと表現します。

政策なので、個々の市中銀行が勝手に実施するものではなく、国の通貨当局、正確にいえば、政府や中央銀行が政策主体となります。物価変動や景気変動の原因は、流通通貨量にあります。これを管理して、物価・景気の調整を行います。金利の上げ下げを通じて、市場に流通している資金量を調節することです。
確認【高校・経済】インフレーション(インフレ)の構造と対策
確認金融政策の考え方と立場

金融政策の目的

金融政策の目的は3つあります。

  • 物価の安定
  • 景気の調整(経済成長の維持)
  • 国際収支の均衡(対外的均衡)

特に経済においては、物価と景気は異なった現象であることを理解しておく必要があります。物価は商品の価格の変動であり、景気は取引が活発化停滞しているの問題です。

ボーダレス・エコノミー

ボーダレス・エコノミーのもとでは、国際取引、特に貿易によって国内流通通貨量は変化し、国内物価・景気に変化を与えています。たとえば、輸出が増加すると、外国からの支払いとして国内に通貨が流入します。すると。国内流通通貨量が増加するので物価が上がり。景気は過熱します。つまり、国際収支の黒字が国内流通通貨量を増加させ、物価上昇・景気過熱を招きます

輸入が増加すると外国への支払いが必要となるので、通貨が流出します。すると国内流通通貨量が減少するので物価が下がり。景気は停滞します。つまり、国際収支の赤字は、国内流通通貨量を現象させ、物価下落・景気停滞が招く

よって、国際収支の均衡は、国内流通通貨量を安定させるので、物価の安定と景気の調整・安定の前提条件となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. […] 世界最初の恐慌は、イギリスではじまり、19世紀の同国でほぼ10年の周期で恐慌が発生していました。景気変動は、資本主義経済では、さけられないとされる現象ですが、今日では、世界の多くの国が景気対策(景気調整政策)に乗り出し、急激な不景気(恐慌)などはおこらないように努力しています。 確認金融と金融政策 […]