【政治・経済】独占禁止法

スポンサーリンク

【政治・経済】独占禁止法についてまとめています。独占禁止法は、独占・寡占を規制して、完全競争市場を実現するために作られた法律ですが、大学入試でもよく出題される単元の1つです。それでは、【政治・経済】独占禁止法です。大学受験生にも対応しています。

独占禁止法

1947年に制定された独占禁止法の正式名称は、「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律」といいます。目的は、自由競争を実現して、市場機構つまり価格メカニズムを働かせることです。

スポンサーリンク

カルテル

カルテル(企業連合)は「協定」です。

  • 価格カルテル…価格を同じにしようとすること
  • 生産カルテル…生産量を同じくらいにして増やすのをやめようとやめること。

独占禁止法の歴史(改正の流れ)

  • 1947年 カルテル全面禁止(背景に、財閥解体=GHQの民主化政策の1つ)
  • 1953年 不況カルテル、合理化カルテルはO.K (経済成長の実現へ)
  • 1999年 不況カルテル、合理化カルテルを廃止 (規制緩和)

不況カルテル・合理化カルテル

1953年に不況カルテル・合理化カルテルが合法化されるわけですが、それは、1950年に始まった朝鮮戦争も1つのきっかけです。日本が経済成長をする必要がありました。これはアメリカ合衆国の1つの魂胆が見え隠れします。アメリカから見て、西側のリーダー、防波堤として日本になってもらう必要がありました。

そのため、経済復興のため、ある程度の企業が一致して、政策を推し進める必要があったというわけです。不況カルテル・合理化カルテルをみとめ。不況業種や合理化が必要なことに関しては、カルテルを認めるようになりました。

不況業種であるかどうkは、公正取引委員会が認めた産業のみでした。

トラスト

トラストとは、同種産業に属する複数企業の合併によって成立する巨大企業のことです。企業合同ともいいます。独占禁止法では、このトラストを禁止してはいませんが、規制しています。

コンツェルン

コンツェルンとは異種産業に属する複数企業が、金融・持株方法によって事実上、支配従属関係に立つ企業結合形態のことです。戦前の財閥がその1つの例です。これは、独占禁止法で禁止されています。

しかし、現実には、企業が他企業の株式を取得することによって業務提携をすることは多くみられます。これを株式の持ち合いといいます。

持株会社

持株会社とは、他者を支配する目的から、株式を取得する会社です。独占禁止法の改正で、持株会社の解禁されています。

<解禁された理由>

  • 不況対策として大企業が必要
  • ビッグバンの中で外資系の金融に対抗できる強い銀行や証券会社の育成が必要

以上のようなことが挙げられます。国際競争力を高めるためですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. […] 1947年に制定された独占禁止法の正式名称は、「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律」といいます。目的は、自由競争を実現して、市場機構つまり価格メカニズムを働かせることです。 確認独占禁止法 […]