【高校・経済】金融ビッグバンの内容

スポンサーリンク

【高校・経済】金融ビッグバンの内容についてまとめています。金融ビッグバンの内容は、大きく「株式仲介手数料の自由化」、「持株会社解禁」、「外貨交換業務の自由化」が挙げられます。それでは、【高校・経済】金融ビッグバンの内容をみていきましょう。

株式仲介手数料の自由化

株式取引手数料の自由化は、株式市場が活性化することを目指しました。ボーダレス・エコノミーと称されるように金融取引は国境を越えニューヨークやロンドンなどの各国の金融市場と結びついてグローバル展開されるようになります。この中で、外国人の日本向け投資を拡大させるために商品取引法が改正されました。具体的には株式仲介手数料自由化するという決定です。

スポンサーリンク

自由化前

証券会社手数料で設けています。その証券手数料が以前は規制されていました。例えば、株の売買なら売るときに1.5%、買う時に1.5%のように往復で約3%の手数料がありました。つまり、株購入者は、持ち株の売買で儲けようと思ったら3%の手数料以上に、株価が上がっていなければならなかったわけです。

自由化後

証券取引法改正でこの手数料が自由化されました。そうすると自由競争になり、安い手数料で株式取引の仲介をする証券会社も出てきます。手数料の値下げが実現できれば株式取引の活性化もできるだろうという考え方に立ったのが、証券取引法改正です。

この結果、証券会社ますます厳しい競争にさらされます。競争が増すのでも潰れてることが出てくるでしょうし。今後は合併するという形でやっていくところも出てくるかもしれません。

持株会社の解禁

一部の大企業が市場支配してしまうというと問題だということで、これまで、1947年の独占禁止法法定で持株株式を全面禁止されたいました。(確認【政治・経済】独占禁止法)。しかし、これは1997年の改正により解禁されました。これもビッグバンの1つです。

金融業務の自由化

持株会社は外資系企業の進出に対する日本企業の競争力を高める目的で解禁されました。金融持株会社も認められたので、金融業務を超えた持株支配による巨大の金融グループが形成できます。まさに、金融業務の自由化を実現する金融パックのビッグバンの1つといえます。

外貨交換業務の自由化

1998年4月から円ドル交換の業務自由化が実現され、交換手数料が安くなりました。これも自由競争下に入ったわけです。外国為替取扱銀行だけなく誰でも円とドルを交換できるようになりましたあ。

この改正で外国為替管理法の名前が変わりました。外国為替は国が管理するのでなく自由に交換できるようになりました。管理する必要がなくなりました。だから改正後、名前は外国為替法になりました。

外国為替法

  • 外国為替公認銀行以外でも外貨交換業務が可能
  • 銀行以外の一般商店でも外貨両替業務が可能
  • トラベルチェックも可能
  • 国内取引で外貨建て決済が可能
  • 外国銀行に自由に預金口座を持つことが可能
  • 事前の許可なしに海外証券会社での有価証券取引が可能
スポンサーリンク
スポンサーリンク