▶【厳選】勝つための株式投資の本一覧

【高校生用】世界の政治制度

【高校生用】世界の政治制度です。

スポンサーリンク

世界の政治制度

世界の政治制度のしくみ図

(例)イギリスの政治制度とは?

イギリスの政治制度の特徴として

  • 立憲君主制…国王を元首としながら議会で制定された法に基づいて政治がおこなわれる
  • 不文憲法議院内閣制…成文憲法のない

などがあげられる。

スポンサーリンク

議会制民主主義とは?

ルソーは、人民主権による直接民主制を理想としたが、現代国家では間接民主制を具体化した議会制民主主義(代表民主主義代議制)に基づく議会政治(代議政治)が一般的である。これは民主的な選挙により、国民のなかから選ばれた議員で構成される議会を通じておこなわれる政治のことである。

議会政治

議会政治では、代表の原理や審議の原理に基づいて議会が運営されることが大切である。代表の原理とは、議会を構成する議員は一選挙区の代表ではなく、国民全体の代表であるという考え方で、議会が国家の意思を決定する最高機関であるための前提である。また、審議の原理とは、少数意見を尊重しながら、公開の討論を経たのち、最終的に多数決で議決するという考え方である。

議会の運営

議会の運営にあたっては、議論をつくすことが大切で、審議が終わらないうちに、多数派が数の力で強行採決することは望ましくない。それは、多数派の専制につながるからである。

スポンサーリンク

ルソー

ロックの考えをさらに発展させ、徹底した人民主権(国民主権)論を主張したのがフランスの思想家ルソーです。

社会契約論

社会契約論で、社会契約で人々が国家がつくってからも、ほんとうに自由・平等と幸福を実現するためには、人民は約束(契約)によって人民主権の政府をつくるほかないと説き、社会全体の利益をめざす全人民の意思(一般意思)による政治が行われるべきであり、各人の意思は直接自分で表現するしかなく、すべての人民が直接政治に参加する直接民主制を主張しました。

  • 社会契約論…社会(国家)は、互いに自由・平等である個人の合意(約束ごと)で成立するという考え。ロックは、政府が合意を守らなければ、これに抵抗し、政府を変更できると説きました。

(例)イギリスの議院内閣制

議院内閣制は、現代政治制度の一つの典型となっている。

イギリスの立法機関である議会は、

  • 上院(貴族院)と下院(庶民院)からなっている。
  • 国民が直接選んだ議員からなる下院が優越している。

行政府である内閣は、

下院における多数党の党首が首相となって組織される。内閣は、議会の信任がある限り続くが、その信任がなくなれば総辞職するか、議会を解散して国民に信を問うことになる。政権を担当できなかった野党は影の内閣(シャドー・キャビネット)を組織して、次期政権担当の準備をする。

(例)イギリスの選挙

  • 小選挙区制…比較的政権交代を実現しやすいといわれる

二大政党が対抗し、緊張関係を保ちながら政治にあたっている。上院には最高司法機関としての役割があり、法律貴族とよばれる法的業務の経験を有する上院議員がこの役割を果たしている2009年には最高裁判所が設置された。

高校政治経済
スポンサーリンク
KABUMO

コメント

テキストのコピーはできません。