【2158】FRONTEO(フロンテオ)企業研究|業績売上推移・ビジネスモデル

【2158】FRONTEO(フロンテオ)の概要

人工知能(AI)を駆使したビッグデータ解析を行う企業。法的紛争・訴訟に際し、証拠となる電子データや書類を裁判所に提出できるよう支援するディスカバリ(証拠開示)支援サービスが主力。

スポンサーリンク

FRONTEO(フロンテオ)の業績売上推移

フロンテオ

  • AIソリューション事業では初の通期営業黒字転換を達成
  • リーガルテックAI事業ではAIレビュー製品第1弾をリリース

FRONTEO(フロンテオ)の収益の柱・事業ドメイン

  • リーガルテックAI事業
  • AIソリューション事業
  • ディスカバリ(証拠開示)支援サービス

FRONTEO(フロンテオ)の強み・ビジネスモデル

リーガルテックAI事業はフロービジネスの構成比が大きく売上高の増減が一定幅で発生するビジネスモデル

  • フォレンジック関連ツールの日本国内における独占輸入販売権を取得したり、生活密着
  • AI搭載ロボット「kibiro」を開発。
  • 自社開発のデータ解析プラットフォーム「Lit i View®(リット・アイ・ビュー)」

FRONTEO(フロンテオ)の最近の動向

  • AI BizDevOps Lab.を開設
  • ヘルスケア、クラウド対応とデータパッケージを備えた「創薬研究支援 AI システム」を提供開始
  • 2016年7月1日付けで、社名を「株式会社UBIC」から「株式会社FRONTEO(フロンテオ)」に変更

FRONTEO(フロンテオ)のリスク

  • システムの不具合
  • リコール
スポンサーリンク
トップへ戻る