【7779】CYBERDYNE(サイバーダイン)企業研究|業績売上推移・ビジネスモデル

スポンサーリンク

CYBERDYNE(サイバーダイン)企業研究とビジネスモデルです。社会が直面する様々な課題を解決するため、サイバニクスを駆使して、革新技術(イノベーション技術)の創出と基礎的研究開発から社会実装までを一貫した事業スキームとして事業展開し、革新技術の研究開発と新産業創出による市場開拓、これらの挑戦を通じた人材育成を上向きにスパイラルを描くように同時展開する未来開拓型企業です。それでは、【7779】CYBERDYNE(サイバーダイン)企業研究とビジネスモデルをみていきましょう。

【7779】CYBERDYNE(サイバーダイン)の概要

人間の身体機能を改善・拡張するために研究開発された世界初のサイボーグ型ロボットであり、介護用ロボットである「ロボットスーツHAL」を中心として事業を展開している。レンタルの医療・福祉用がメインです。HALに代表される「メイドインジャパンの革新的ロボット医療機器/革新的人支援機器/革新的医療機器」の研究開発・社会実装及び当該技術を核とした世界規模でのサービス産業を創出し、健康長寿社会を支える人支援産業(ロボット・ヘルスケア産業を含む)のリーディング企業として国際事業展開・市場開拓を行い、重介護ゼロ®社会の実現に挑戦している。

HALは➊Hybrid(混在)➋Assistive(補助)➌Limb(腕、脚などの四肢)の頭文字をとったもの。
スポンサーリンク

CYBERDYNE(サイバーダイン)の業績売上推移

サイバーダイン
医療用HAL
<日本>
➊下肢タイプにおいて適用拡大に向け脳卒中の医師主導治験が進行中(2016/9~)
➋単関節タイプにおいて脳卒中の医師主導治験を準備中
<米国>
医学的治療効果が認められた医療機器としてFDA承認取得(2017/12)
<欧州>
ドイツ公的医療保険に向けた手続続き進行中。

CYBERDYNE(サイバーダイン)の主な収益の柱・事業ドメイン

  • HALなど新製品のレンタル出荷
  • エンドユーザー(利用者個人)に対して医師の処方に基づき脳神経系疾患の患者に機能改善・機能再生治療
  • トレーニングサービス

CYBERDYNE(サイバーダイン)の最近の動向

<2018>

  • 「サイバニクス・エクセレンス・ジャパン(CEJ)ファンド」の設立
  • PAI(光音響イメージング)事業譲受

<2016>

  • CYBERDYNE株式会社と損害保険ジャパン日本興亜株式会社の包括的業務連携
  • 世界初の装着型ロボット製品規格JIS B 8456-1が制定
  • CYBERDYNEと志成データムが業務・資本提携
  • 国内で希少疾病用医療機器の製造販売承認を取得

CYBERDYNE(サイバーダイン)の強み・ビジネスモデル

  • 高齢化社会の進展を見越した上での最先端の研究・事業展開
  • 研究開発メンバーの5割が博士号取得者

CYBERDYNE(サイバーダイン)の課題・リスク

  • リコール
  • 保険収載

その他バイオ・医薬関連

スポンサーリンク
スポンサーリンク