【3660】アイスタイル企業研究とビジネスモデル

スポンサーリンク

アイスタイル企業研究とビジネスモデルです。1999年の創業以来ずっと「生活者中心の市場創造」をビジョンに掲げています。クチコミを集めてデータベースを活用することで、メーカーの商品開発への反映、化粧品店舗の開発、ECサイトの導入、コスメブランドとの出逢いの場づくり等を実現している企業。それでは、【3660】アイスタイル企業研究とビジネスモデルです。

【3660】アイスタイル

化粧品のクチコミサイト「@cosme(アットコスメ)」を広告媒体としてインターネット広告枠を販売するネット広告サービスや、サイトで収集したデータを活用して化粧品会社などのマーケティングを支援するソリューションサービスなどを提供。インバウンド需要や海外向けのECサイトで勢いを感じさせてくれる企業。とりわけ、中国向けは急伸。

スポンサーリンク

主な収益の柱・事業ドメイン

  • On Platform事業(美容系総合ポータルサイト「@cosme(アットコスメ)」を基盤とした各種サービスが属しており、広告をはじめとするBtoBサービスと一般ユーザー向けのBtoCサービス双方を展開)
  • Beauty Service事業(国内における化粧品ECサイトの運営、化粧品専門店「@cosme store」の運営やプライベートブランドの企画・開発・販売)
  • Global事業
  • 人材派遣事業
  • 投資育成事業

最近の動向

  • 日本の美の魅力を世界へ発信する「@cosme nippon project」を始動
  • 「食と健康」をテーマに事業を推進する株式会社Eat Smartを子会社化
  • ヘアメイクサロン等を運営する(株)アトリエはるかと資本提携
  • 投資育成事業に参入
  • スマホのサイト全面一新

強み・ビジネスモデル

  • 化粧品に特化した口コミサイトで、広告枠販売と化粧品販売の両輪の収益の柱がある。
  • 世界中の美容に関する情報を集約したGlobal One Databaseを構築推進

課題・リスク

  • インバウンドの縮小
スポンサーリンク
スポンサーリンク