【4751】サイバーエージェント企業研究|業績売上推移・ビジネスモデル

スポンサーリンク

【4751】サイバーエージェントについてです。躍進を続ける企業の1つ。藤田晋社長の信者も多く、個人投資家も積極的に投資している模様。長期的株価も伸ばしてきている。来期は、動画サービスへの先行投資で、減益計画である。アメーバブログの時のように、新たな収益源を作れるかが焦点。それでは【4751】サイバーエージェント企業研究とビジネスモデルをみていきましょう。

【4751】サイバーエージェント

インターネット上の媒体の運営者から広告枠を購入し、広告代理店や広告主へ販売するネット専業の広告代理店といえる。ネット専科の独立系企業。メディア事業は、「AbemaTV」、「FRESH!」、「Ameba」等があり、2016得年4月に開局した「AbemaTV」等の動画事業へに先行投資。独立系のネット広告代理店として、先頭を走るサイバーエージェント。いつもチャレンジングに事業を推進している印象があります。今後は、「AbemaTV」等動画サービスの成功が、次の5.10年のサイバーエージェントを左右すると思われます。この挑戦に期待を持てる人は、買いだと思います。

スポンサーリンク

サイバーエージェント 売上推移

サイバーエージェント 売上推移

サイバーエージェント 売上推移

  • 連結売上高4,195億円(YonY13.0%増)過去最高を更新
  • 2019年期も引き続き、「AbemaTV」の拡大期と位置づけ先行投資を継続

サイバーエージェント 主な収益の柱・事業ドメイン

  • メディア事業
  • ゲーム事業
  • インターネット広告事業
  • 投資育成事業
  • その他事業

最近の動向

<2018>

  • 2018年10月23日発表 ㈱電通、㈱博報堂DYメディアパートナーズと資本業務提携
    投資期においても配当や自己株式の取得等で株主還元できるようFY2017からDOE※5%以上を経営指標に
  • 2018年9月27日に㈱Cygamesが、任天堂㈱と共同で開発・運営する「ドラガリアロスト」を提供開始(日本・台湾・香港・マカオおよび北米向け)
    ㈱CygamesのオリジナルIP「ウマ娘 プリティーダービー」は、2018年冬提供予定

<2017>

  • GPIFが選定した2つの「ESGインデックス(指数)」の構成銘柄に採用
  • 「The 2017 All-Japan Executive Team rankings(ベストIR企業ランキング)」にて、 インターネットセクター8カテゴリーでTOP3に選出
  • 動画サービスへ先行投資
  • 「Abema(アベマ)TV」をテレビ朝日との合弁会社設立
  • 動画を配信できるプラットフォーム「Ameba FRESH!(アメーバフレッシュ)」開始

強み・ビジネスモデル

  • 独立系で収益率が高い
  • 他者の成功事例を真似、最終的にNO.1になるビジネス展開

課題・リスク

  • メディア事業「AbemaTV」等の動画事業の立ち上げを通じた収益性の向上
  • インターネット広告事業であh、高成長が見込まれるインフィード広告・動画広告の販売強化
  • 技術力・クリエイティブ力の強化(優秀な技術者・クリエイターの採用・育成)
スポンサーリンク
スポンサーリンク