▶【厳選】勝つための株式投資の本一覧

【長期保有】注目の企業株式銘柄一覧

今回は、引き続き注目しておきたい企業と新たに注視しておきたい企業をまとめてみました。保有銘柄の株式分割、急落局面でぜひ投資したい企業が多いなという印象です。

スポンサーリンク

引き続き2021年注目しておきたい企業

今年も引き続き注目しておきたい企業

エムスリー(2008年~)

【14年目に投入!】医療情報専門サイトm3.comを運営。エムスリーも21世紀を代表するグロース株の1つでしょう。2016年は、一時、時価総額1兆円を超えるなど、年足は上昇を続けています。アメリカの業績がどこまで伸びるか注目。

イー・ギャランティ(2008年~)

【14年目に投入!】事業会社・金融法人向けの信用リスク保証受託の企業であり、参入障壁も高く、ストック型ビジネスモデルであり、配当性向も良好で、資産銘柄としても秀逸。引き続き注目ですね。

LITALICO(リタリコ)(2017年~)

【5年目に投入!】LITALICOワークス(就労支援サービス)、LITALICOジュニア(ソーシャルスキル&学習教室)、LITALICOワンダー(IT×ものづくり教室)、LITALICO発達ナビ(発達障害ポータルサイト)、U2plus(うつの予防回復SNS)、Conobie(子育て情報メディア)など障害者への就労支援や児童発達支援などを手掛ける会社。

ワークマン(2019年~)

【3年目に投入!】第2のファーストリテイリング(ユニクロ)になるか注目の企業。ベイシアグループの一員で、主に現場作業や工場作業向けの作業服・関連用品の専門店として、日本最大手に成長。昨今は、カジュアル色を強める形で生み出された新業態店舗「ワークマンプラス」は、アウトドアウェア、レインウェア、スポーツウェアを展開し、市場に浸透し客層拡大してきている。

メドレー(2020年~)

【2年目に投入!】メドレーは、医療ヘルスケア領域に特化したインターネット企業。安定した高い需要が続く医療ヘルスケア人材市場において、人材プラットフォーム事業ジョブメドレーを開発及び運営。医療プラットフォーム事業においては、オンライン診療システムであるオンライン診療アプリ「CLINICS」、医療機関はCLINISオンライン診療システムを提供。

スポンサーリンク

2020年まで注目した企業

アドベンチャー(2016年から2020年まで)

国内および海外の格安航空券、国内および海外ツアーを中心とした各種旅行商品など予約サイト「スカイチケット」を運営。世界最大の予約プラットフォーム会社となるべく急速な成長を見せている。アメリカのプライスラインのような成長を彷彿させます。

サンバイオ(2016年から2020年まで)

主に中枢神経係の疾患(眼科を含む)における、慢性期脳梗塞(発症後6カ月が経過した脳梗塞)、慢性期外傷性脳損傷、加齢黄斑変性、網膜色素変性、脊髄損傷、パーキンソン病、アルツハイマー病等のアンメットメディカルニーズの高い疾患を対象とした治療薬の販売を目指している企業

ラクスル(2019年から2020年まで)

多重下請け構造下にある中小印刷会社や中小運送会社をインターネットで結びつけ、仮想的に巨大な供給キャパシティを持ち、ECサイトを通じて直接発注者と繋げるシェアリングプラットフォームを創出することで、1社が製造から販売まで全ての機能を持つ産業形態ではなく、サプライヤーと顧客の需給を効率良く結び付ける21世紀型の産業形態の在り方を提示していく企業。

スポンサーリンク

2019年まで注目した企業

ALBERT(2019年)

ALBERTは創業以来「分析力をコア」とするデータサイエンティスト集団として成長。今後も人工知能や機械学習技術を駆使したデータソリューションで、あらゆる産業の問題解決に貢献していくとしている企業。ディープラーニングを活用した画像認識案件、各種機械に設置されたセンサーから収集したデータを分析し、機械の劣化を予測する案件等、AIやIoT関連の案件の受注を重ねている。

PKSHA Technology(2018年から2019年)

人工知能技術分野のアルゴリズム(言語解析、画像認識、深層学習等)をライセンス販売するアルゴリズムライセンス事業を展開。最先端のアルゴリズム開発から各種ハードウエア/ソフトウエアへの実装までをワンストップで行っており、情報科学分野の研究者・エンジニアにより構成されている企業。

スポンサーリンク

2018年まで注目した注目の企業

じげん 2016~2018

生活分野(求人、不動産など)における垂直型検索エンジンを複数企画・運営するインターネット企業。中長期計画が示すなど、10期連続の増収増益になるか注目。21世紀を代表するグロース株になりうるか、引き続き注目。資金調達の目安となるトリプル25が達成できるかですね。

スタートトゥデイ(現ZOZO) 2015~2018

衣料ECサイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営。21世紀を代表するグロース株の1つでしょう。まだまだ何か企んでいるように見える期待感があることから引き続き注目しておきたいですね。

シンクロ・フード 2017・2018

飲食店(店舗)の出店開業者・運営者を支援するサイト「飲食店.COM」、「店舗デザイン.COM」を運営。飲食店に特化したサービスで、自社で企画・設計・開発・運営、顧客対応をこなしている。ビジネスモデルほか、株主構成、資産、景気左右されない(不景気にも強い)など強みも多く、今後資産株となりうるか注目。

みらいワークス 2018

主な顧客企業は、コンサルティング会社や事業会社、システム開発会社等であり、これらの企業において人材が足りない場合に、当社より外部人材を調達している企業。独立プロフェッショナルという「新しい働き方」を実現するプラットフォームとなり、プロフェッショナル人材が挑戦するエコシステムを創造している企業。

そのほか、セキュリティ、AI、フィンテックなどの関連にもそれぞれ注目企業は存在しますね。こうしてみると、日本の企業も様々で素晴らしい会社が多いというのが分かります。

スポンサーリンク

2017年まで注視した銘柄

保有しても単元株のみながら、業績よりも期待などからの注視している企業。

メタップス

コンピュータにあらゆるデータを学習させて、人々の最適な意思決定を支える頭脳になることを目指してい企業であり、AI、フィンテックなど旬のテーマに多く絡んでおり、引き続き注目です。強気とも思わる中長期計画の進捗状況がすべてでしょう。

アイリッジ

次世代O2Oを実現する位置連動型プッシュ通知ASP「popinfo」を中心に各種スマートフォンサービス、インターネットサービスの開発、提供を行なっている企業で、ブロックチェーン銘柄としても注目しておきたい。

ヘリオス

iPS細胞を活用した医薬品の開発を行うバイオベンチャーで、iPS細胞を用いた加齢黄斑変性の新たな治療法の実用化を目的に設立。従来型の化合物医薬品(低分子医薬品)分野に加えて、iPS細胞に関連する技術を活用した再生医療等製品(iPSC再生医薬品)分野を中核的な事業分野と位置づけ、医薬品の研究開発を行っている企業。

テーマ関連株
スポンサーリンク
KABUMO

コメント

テキストのコピーはできません。