【2023年】注目のOTA(旅行関連)株式銘柄一覧

スポンサーリンク

注目のOTA関連銘柄についてまとめています。アドベンチャー、エボラブルアジア、オープンドアがその注目の企業となるでしょうか。それでは、注目のOTA関連銘柄まとめをみていきましょう。

スポンサーリンク

OTAとは

OTA(Online Travel Agency)とは、オンライン旅行会社のことをいいます。具体的にはインターネットのみで取引が完結する旅行会社のことで、日本では楽天トラベルを運営する楽天やじゃらんを運営するリクルートなどの企業があります。海外では、Expedia(エクスペディア)グループやプライスライングループがOTA最大手となっています。

アドベンチャー

オンライン旅行会社として、インターネットサイト32言語対応「Skyticket」および「WannaTrip」を運営する企業。「Skyticket」は、国内および海外の格安航空券、国内および海外ツアーを中心とした各種旅行商品をオンラインで予約可能なサイトと「WannaTrip」は海外現地ツアー、海外アクティビティなどの総合予約サイトなどを展開。

【業績】アドベンチャー企業研究(業績・ビジネスモデル)

エアトリ

エアトリビジネスモデル図解
「One Asia -アジアは一つとなり、世界をリードする-」をビジョンに、「アジアの人々の「移動」と「協業」を、ITの力でより近くに」を企業ミッションとして事業展開。

旅行商材の比較サイトによる直販(BtoC)、他社媒体へ当社の検索予約エンジンを提供するOEM提供(BtoBtoC)、ホールセール(BtoB)、法人の出張手配(BTM-Business Travel Management)を販路にしている。

オンラインに特化した旅行会社として、3つの強みである「仕入れ力」「多様な販路」「システム開発力」を主軸に便利なプラットフォームを展開。(例)国内の航空会社13社の航空券やホテルを、エアトリWEBサイト上やアプリで比較検討し簡単に予約。

エアトリの強み

  • 急増する訪日旅客(インバウンド需要)に旅行商材を提供する訪日旅行事業も展開
  • 提携ブランドに沿ったサイトデザインのカスタマイズ

オープンドア

オープンドアビジネスモデル
トラベルコちゃんで⽐較できる旅⾏はレジャー旅⾏に限らず、ビジネス旅⾏のニーズにも対応できる幅広い商品ジャンル(ホテル、航空券、ダイナミックパッケージ等)をカバーしており、また各ジャンルにおける連携サイト数、商品数は国内最⼤級であるサイトを運営している会社です。

オープンドアの強み
ほぼすべての旅行商品を比較できるビジネスモデルである旅⾏⽐較サイトとして特にF1層(20〜34歳⼥性)に強く、またトラベルコちゃんを通じて購買される商品のジャンルにおいてはパッケージツアーなどのレジャー向け商品の利⽤率が高い傾向

インバウンド需要、若者のスマホでの予約の増加など、しばらくは業界全体に追い風が吹いていることから、格安航空券チケット予約をはじめとした旅行商品を扱う企業の成長は期待できると思います。その中で、オープンドアは、この予約サイトにおける老舗としての地位を確立。

手間いらず

手間いらずビジネスモデル図解
アプリケーションサービス事業では、主にホテルや旅館等の宿泊施設に対して、宿泊予約サイトコントローラ『TEMAIRAZUシリーズ』を中心としたサービスの提供。また、インターネットメディア事業では、比較サイト『比較.com』を中心とした広告媒体の運営を行いショッピング、プロバイダー、旅行、資産運用といった様々な分野の商品・サービスに関する情報を、インターネットユーザーのニーズに沿って整理し提供している企業。

宿泊予約サイトコントローラ
複数の宿泊予約サイト及び自社宿泊予約エンジンの在庫・料金等を一元管理できるサービス。販売チャネルの拡大による収益の向上と宿泊施設の予約業務の効率化による運用コストの削減が図れます。

国内の宿泊施設に対して予約サイトを一元管理する宿泊予約サイトコントローラー『TEMAIRAZU』シリーズを開発・販売する。販売チャネルの拡大による収益の向上と宿泊施設の予約業務の効率化による運用コストの削減が図れる。

旅工房

旅工房のビジネスモデル図解
各国の専門知識を持ったコンシェルジュがお客様の旅をご案内、自在にアレンジします。お手頃価格のツアーもWEBで検索できるようになっています。

日本国内の個人顧客を主なターゲットとし、オンラインでの海外向けを中心とするパッケージ旅行の企画・販売を手がける企業です。また、企業や官公庁、学校法人等の法人顧客向けや、海外から日本を訪れる訪日外国人を対象としたインバウンド旅行の手配なども行っています。

旅工房の強み
担当地域に精通した「トラベル・コンシェルジュ」が、電話およびメールでヒアリングを行い、ヒアリング内容をもとに必要に応じて旅行内容のカスタマイズや旅程の組み直しを行い、顧客に最適な旅行を提供。インターネットにまだ弱い人たちにも訴求している点、地域特性に応じた商品の企画および販売を可能とすることで、価格競争力のみならず、顧客のニーズに即した付加価値の高い旅行商品を提供している点は、強みと言えます。

ベルトラ

ベルトラのビジネスモデル図解
現地体験ツアーにフォーカスし、旅行者と世界をつなぐOTA(オンライン・トラベル・エージェント)企業として、従前より積極的に推進していた取扱エリア、催行会社数並びに取扱数の拡大に加えて、ウェブサイトの多言語化を推進。
「心揺さぶる「旅の体験」を届け、人々の人生をより一層豊かにする。」を掲げ、海外現地オプショナルツアー専門 サイトVELTRA(ベルトラ)などを提供している企業。

ベルトラの強み

  • バリエーション豊かな品揃え
  • 世界中の旅行社、ガイド&インストラクターとのパートナーシップ

HANATOUR JAPAN

韓国からのインバウンド手配旅行業では、HANATOUR SERVICE INC.からの送客に対し、現地のホテル、バス、レストラン、観光地等の手配業務を行い、友愛観光バスとの業務提携により、各地のバス手配を行っている企業。また、パッケージツアーのみならず、訪日個人旅行者、企業の報奨旅行等の受注型企画商品も多数取り扱っている。

\ 旅行をもっともお得に /

【日本旅行】 お得な宿泊プラン&海外旅行をオンラインでらくらく予約!

コメント

テキストのコピーはできません。