2018年注目のOTA・旅行関連銘柄まとめ

スポンサーリンク

注目のOTA関連銘柄についてまとめています。アドベンチャー、エボラブルアジア、オープンドアがその注目の企業となるでしょうか。それでは、注目のOTA関連銘柄まとめをみていきましょう。

OTAとは

OTA(Online Travel Agency)とは、オンライン旅行会社のことをいいます。具体的にはインターネットのみで取引が完結する旅行会社のことで、日本では楽天トラベルを運営する楽天やじゃらんを運営するリクルートなどの企業があります。海外では、Expedia(エクスペディア)グループやプライスライングループがOTA最大手となっています。

スポンサーリンク

【6030】アドベンチャー

オンライン旅行会社として、インターネットサイト32言語対応「Skyticket」および「WannaTrip」を運営する企業。「Skyticket」は、国内および海外の格安航空券、国内および海外ツアーを中心とした各種旅行商品をオンラインで予約可能なサイトと「WannaTrip」は海外現地ツアー、海外アクティビティなどの総合予約サイトなどを展開。
詳細【6030】アドベンチャー企業研究とビジネスモデル

【6191】エボラブルアジア

エボラブルアジア(EVOLABLE ASIA)はオンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業を柱に「One Asia」をビジョンに掲げアジアを繋ぐ架け橋となる独自性の高いビジネスモデルで成長
詳細【6191】エボラブルアジア企業研究とビジネスモデル

【3926】オープンドア

トラベルコちゃんで⽐較できる旅⾏はレジャー旅⾏に限らず、ビジネス旅⾏のニーズにも対応できる幅広い商品ジャンル(ホテル、航空券、ダイナミックパッケージ等)をカバーしており、また各ジャンルにおける連携サイト数、商品数は国内最⼤級であるサイトを運営している会社です。
詳細【3926】オープンドア企業研究とビジネスモデル

【6561】HANATOUR JAPAN

韓国からのインバウンド手配旅行業では、HANATOUR SERVICE INC.からの送客に対し、現地のホテル、バス、レストラン、観光地等の手配業務を行い、友愛観光バスとの業務提携により、各地のバス手配を行っている企業。また、パッケージツアーのみならず、訪日個人旅行者、企業の報奨旅行等の受注型企画商品も多数取り扱っている。
詳細【6561】HANATOUR JAPAN企業研究とビジネスモデル

【6548】旅工房

日本国内の個人顧客を主なターゲットとし、オンラインでの海外向けを中心とするパッケージ旅行の企画・販売を手がける企業です。また、企業や官公庁、学校法人等の法人顧客向けや、海外から日本を訪れる訪日外国人を対象としたインバウンド旅行の手配なども行っています。
詳細【6548】旅工房企業研究とビジネスモデル

スポンサーリンク
スポンサーリンク