▶【厳選】勝つための株式投資の本一覧

農業の活性化策について(大学入試小論文)

農業の活性化策について(大学入試小論文)です。

スポンサーリンク

農業の活性化策について

私は、日本国内での農業人口の減少問題、高齢化問題の解決策は、2点あると考える。1点目は、静岡県内で様々な観光農業を企画すること。2点目は、農業を行う高齢者やこれから農業を始める一般の人にスマート農業を導入することだ。理由は、農業の魅力を伝えることで農業従事者を増す一方で、農作業の1部をロボットに任せることで農業従事者の負担軽減や不安の解消につながると考えるからだ。

(施策➊)観光農業

観光農業の具体策として、作物の収穫や栽培、地産地消ができる果物狩りがある。このような観光農業を数多く行い、インターネットに発信することで、日本と農業の魅力を様々な人に伝えて興味を持ってもらうことができると考える。その結果、副次的な効果として、農業法人から農地の貸し借りを可能にすることで、農業を始めたいと思っている人が始めやすくなるだろう。

(施策➋)スマート農業

スマート農業を導入の具体策として、ロボットに任せるのは費用がかかると思っている農業従事者に、農業用のロボットが月額制で利用できることを知ってもらうことである。このことにより、スマート農業はロボット費用が高額で、農業用ドローンが五十万円以上など、導入しにくいというデメリットが解消できる。

(施策➌)若者の就業者の育成

一方で、長い間培ってきた栽培のやり方が確立している高齢者の農業従事者が慣れないロボットを操作するのは難しい。これは、農業用のロボットは操作の方法がメーカーによって異なるためだ。そのため、様々な機械の操作方法を教えてくれるサイトやサポートセンターを設置することが必要と考える。結果として、スマート農業が増えれば、農業が体力を多く使用する仕事な上に、害虫対策や連作防止、獣害防止等の管理も行う難しい仕事だと考えている若者の考えを払拭できる。

以上が、私が考える農業が取り組むべき課題の解決策である。

経済・商学部論文
スポンサーリンク
KABUMO

コメント

テキストのコピーはできません。