▶【厳選】勝つための株式投資の本一覧

中谷彰宏おすすめ本一覧(人生論編)

中谷彰宏おすすめ本一覧(人生論編)です。

スポンサーリンク

人生についての中谷彰宏おすすめ本一覧(人生論編)

人生は成功できるようにできている

  • 下済みに時代には、成功した自分を想像しながら働く。成功してからは、下積みの時代の自分を思い出しながら働く。
  • それをするのに、最高の日は、今日。最悪の日は、明日。
  • 失敗しなかった日は、何もしなかった一日だ。
  • 古代のエジプト人は、ナイル川の氾濫を神に感謝した。豊かな肥料が上流からもたらされたからだ。
  • お金を使う人が金持ち。お金をためる人が数字持ち。あなたはどちらになりたいですか?
  • 本を読んでいて思いついたことは、読み終えた時には実行する

昨日までの自分に別れをつげる

  • やり直しから、プロの仕事が始まる。
  • 運がいい人も運が悪い人もいない。運がいいと思う人と、運が悪いと思う人がいるだけだ。
  • 好きな女の子に、いいところを見せたいという気持ちが、人類を進化させた。
  • 不遇になるといいことが二つある。偽物の友達が去り、本物の友達がやって来る。
  • 暇な時に好きなことをやろうなんて、好きなことに失礼だ。
  • 運が悪いと文句を言いながら生きているだけで、もうその人は十分運がいいのだ。

自分で考える人が成功する

  • 教育は、受けるもの。学習は、自分でするもの。
  • 専門化すればするほど、ジャンルは全部になる。これが勉強です。ジャンルが分かれている勉強は、教育です。ジャンルを分けるのは、教える側の都合なのです。学習にはジャンルがありません。
  • 今日、読んだことを、きょう、実行する。
  • 聞いたことは忘れ、観たことは覚え、したことは理解する。
  • 雑談が面白いのは、知識のある人より、観察力のある人。
  • 学習するとは、覚えることではない。気づくことだ。

人生の億万長者になろう

  • 持っているお金ではなく、使うお金で出会いがある
  • 遊べない人がお金を持つと、不幸にしかならない
  • 働くことで経済は伸び、使うことで文化は伸びる。
    大金がはいる方法は2つしかにあ。「いいこと」をするか、「好きなこと」をする
  • か。
  • 学校では、「好きか、嫌いか」とりも「正しいか、間違っているか」「いいか、悪いか」「損か、得か」という基準で教育する。他人に理解できない道楽を持とう。
  • 「アリか、キリギリスか」でなく、「アリギリス」の時代になる

なぜか「HAPPY」な女性の習慣

  • 「うれしい」を口グセにする
  • ハッピーな女性は歯を見せて笑える
  • 面白いものを、探さない。何を見ても、面白がれる
  • 好きは、条件付き。惚れるは、無条件。
  • 「おいしそう」ですべてものに感謝できる
  • 高級ではなく、上質にする
  • 差は、他人軸。違いは、自分軸。
  • 子どもは、積み木ができても、倒れても、笑っている。

人生を無駄にしない50の小さな習慣

  • その人のセンスは、トイレのタオルでわかる。トイレのタオルが、一番見られている。
  • 「何をすればいい?」と聞くより、「私はこれをしよう」と手伝おう。
  • 「やるき」が出るまで、待たなくていい。先に始めると、「やる気」は出てくる。
  • ムダなことをしない人が、人生をムダにする。ムダなことをする人が、人生をムダにしない。

少年みたいな君が好き

  • 何も花の咲かぬ日は、下への下への根を伸ばす。
  • 恋は算数でするもんじゃない。

なぜ彼女にオーラを感じるのか

瞳がキラキラしている人は、過去の蓄積のオーラと未来への挑戦のオーラが出ている。

1日に24時間もあるじゃあないか。

  • 相手の方が自分よりも忙しいと思えるようになったら一人前
  • 先延ばしは時間の借金
  • 最後のあと1秒、人の話を聞くことが、時間の節約になる。

書評・用語
スポンサーリンク
KABUMO

コメント

テキストのコピーはできません。