▶【厳選】勝つための株式投資の本一覧

中谷彰宏おすすめ本一覧(勉強法編)

中谷彰宏おすすめ本一覧(勉強法編)です。

スポンサーリンク

勉強法に関する中谷彰宏おすすめ本一覧

20代で差がつく50の勉強法

  • 好きなこと=勉強である
  • 何を学ぶかより誰から学ぶかが大切。
  • 頭がいいとは、社会では、知識より知恵があることです。
  • ヒット商品の特徴は、「新しいのにどこか懐かしい」ということ。
  • 学校の勉強は、暗記。社会の勉強は、気づき。

30代で差がつく50の勉強法

  • 面白くないと言う人は、読む前から先入観で決めている。
  • 面白がる能力が必要。
  • 勉強していないと、いつも昔話だけになる。
  • 本の中に挙げられた悪い例を自分と受け取れる人は、知性がある人だ。
  • 日本の問題は、大人が勉強しなくなったことだ。
  • 世界を変えるには、自分の考えを変えること。自分の考え方を変えるのを勉強という。
  • 「知った」=「わかった」ではない。他人に説明できて、初めて「わかった」と言える。
  • 「答え」を学ぶより、「答えての見つけ方」を学ぶ
  • 決断できない理由は、簡単だ。ケチだからだ。

大人のスピード読書法

  • いつでも読めると思っていると永遠に読めない。
  • 本を最も読奈まない20代の読書が一生を決める。
  • 本を読まないという成功者は、読まないふりをしているか、読んでいることに気づいていない人
  • 読むことで、描けるようになり、話せるようになる。
  • 本を読んでいない人が反対論者になる。
  • 本を読むと、頭がよくなるのではない。誠実になるのだ。
  • 本を読む子供にするだけで、教育は成功。
  • かたい話とやわらかい話が両方話せるのが知性である。
  • アイデアとはトッピングである。
  • 本の中の言葉、人生をかえるテコとなる。

書評・用語
スポンサーリンク
KABUMO

コメント

テキストのコピーはできません。