注目の民泊関連企業まとめ

スポンサーリンク

民泊を監禁するための法案「民泊新法(住宅宿泊事業法)」により、民泊監禁も間近(早ければ2018年1月にも施行!?)になろうとしています。ホテル不足が顕在化している今、また東京オリンピックに向けてさらなる外国人観光客が増えることが予想される今、喫緊の課題です。この法案を見越し、関連企業、その周辺市場でサービスを展開する企業への注目度が上がっています。そこで、注目の民泊関連企業をまとめてみました。

民泊関連企業まとめ

スポンサーリンク

AMBITION

コア事業であるプロパティマネジメント事業における管理戸数の増加を軸に、入居率の向上の維持を支える賃貸仲介事業との連携及び中古不動産市場の活況を背景に、中古マンション再販事業を展開することで収益拡大を図っている企業。東京オリンピック等で今後更なる増加が見込まれるインバウンド需要を、国や自治体の意向を伺いながら、新規事業の民泊事業等で取込み、更なる成長を目指している企業。
確認【3300】AMBITION企業研究とビジネスモデル

手間いらず

アプリケーションサービス事業では、主にホテルや旅館等の宿泊施設に対して、宿泊予約サイトコントローラ『TEMAIRAZUシリーズ』を中心としたサービスの提供。また、インターネットメディア事業では、比較サイト『比較.com』を中心とした広告媒体の運営を行いショッピング、プロバイダー、旅行、資産運用といった様々な分野の商品・サービスに関する情報を、インターネットユーザーのニーズに沿って整理し提供している企業。
確認【2477】手間いらず企業研究とビジネスモデル

アドベンチャー

オンライン旅行会社として、インターネットサイト「Skyticket」および「WannaTrip」を運営する企業で、格安航空予約アプリ「Skyticket」は、200万ダウンロードを突破するなど、その取扱高前年月比で200%アップを続けています。現在は、航空券の予約だけでなく、その旅行周辺のビジネスのレンタカー、リラクゼーション予約なども展開し、民泊予約サービスもその1つ。民泊関連企業としても注視しておきたい企業。
参考【6030】アドベンチャー企業研究

エボラブルアジア

アドベンチャー同様、航空券予約サイトを運営し、先日は、東証1部への鞍替えも発表しています。1月には、民泊サイト「エアトリ民泊」を先行オープン。今後もバージョンアップが期待され、民泊関連企業とみていいでしょう。
参考【6191】エボラブルアジア企業研究とビジネスモデル

BEENOS

サイバーエージェントグループで、Eコマース事業、商品プロデュースやライセンス事業、ネットショッピング事業を展開する企業ではありますが、2016年12月に、民泊ホスト向け一括管理ツールなどを運営するメトロエンジンに出資、第2位の株主に躍り出ています。メトロエンジンは、民泊事業では、先陣をきって、価価が自動で設定できる、「メトロプライシング for 民泊」 「民泊診断.com」「民泊許可申請代行」を次々に開始、民泊クラウド運営ツール「民泊ダッシュボード」などもリリースしている企業。
参考【3328】BEENOS(びーのす)企業研究

スポンサーリンク
スポンサーリンク