【6172】メタップス企業研究とビジネスモデル

【6172】メタップス企業研究とビジネスモデルです。テクノロジーを駆使して新しい経済を作ることを使命とし、15年8月、東証マザーズ上場した企業。コンピュータにあらゆるデータを学習させて、人々の最適な意思決定を支える頭脳になることを目指しています。テクノロジーと知性を駆使して、人々がよりスマートでより効率的に暮らせる世界を実現していっている企業。

【6172】メタップスの概要

オンライン決済、ビッグデータ融資、データソリューション、アドソリューションの領域で事業展開。主にアプリの集客・分析・収益化をワンストップで支援するプラットフォームを提供しています。2011年より積極的にグローバル展開を進め、東京、シンガポール、中国、香港、台湾、韓国、アメリカ、イギリスの8拠点で事業を展開。

スポンサーリンク

メタップスの収益の柱

  • アプリ収益化プラットフォーム「metaps」
    AIを活用したアプリ開発者向けのプラットフォームで、集客・分析・収益化をワンストップで支援
  • オンライン決済プラットフォーム「SPIKE」
    手数料無料の決済サービスとしてEC(電子商取引)事業者を中心に導入

メタップスの強み

  • 人工知能(AI)を活用しアプリの収益化を支援
  • 新規サービスの「SPIKE」は、売上月額100万円までは手数料無料の決済サービス

メタップスの最近の動向

<2017>

  • メタップス、「時間の再発明」を目的とした新製品Timebankを今秋リリースへ
  • メタップス、継続疑義の解消ともに、29年8月期上期、今期ともに黒字へ
  • メタップス、みずほ銀行と新会社設立へ

<2016>

  • メタップス、みずほなどと新たな決済サービスに向けタッグ!
  • メタップス、日本瓦斯株式会社(ニチガス)と資本業提携!
  • メタップス、消費行動の分析につながるAIソフト「ラプラス」を近く販売へ
  • メタップス、NASAと協業しAIを搭載した宇宙小説VOYAGERをリリース
  • メタップス、ビカム株式会社の株式取得により子会社化

メタップスのリスク

  • 大手銀行の参入
  • システムダウン
スポンサーリンク
トップへ戻る