【高校・政治経済】少子高齢社会の課題

スポンサーリンク

経済分野第32講【高校・政治経済】少子高齢社会の課題についてまとめています。

少子高齢社会の課題

少子高齢化が進展し、1人の高齢者を何人の現役世代で支えるのかという扶養係数は、1995年は4.8人、2005年は3.3人、2015年には2.4人で 2050年には1.5人になると厚生労働省は予測している。

スポンサーリンク

少子化対策

  • 1994年…少子化対策として、政府は1994年に、エンゼルプランをつくって子育てと仕事が両立できるような社会のシステムを整えることとし、2000年度からは新エンゼルプランとして、重点的に推進すべき少子化対策の具体的実施計画をスタートさせた。
  • 2004年…少子化社会対策大綱を定めて社会全体で子どもを育てること、将来の親となる若者の自立を支援すること、家庭を大切にする職場環境づくりを進めることなどを総合的におこなうことにした。

高齢化対策

  • 2000年…ゴールドプラン21(厚生労働省の高齢者保健福祉計画)を作成。
  • 2005年…介護保険制度の見直しを実施して、介護予防に力を入れた高齢者介護を充実させようとしている。

介護保険のサービスには、施設での介護と在宅介護があるが、在宅介護の利用者が増えている。 さらに社会保障の大きな部分を占める社会保険料については、年金の分野では将来現役で働く人たちの保険料負担が重くなり、それを避けるために、政府はしばしば年金水準を引き下 げたり、年金の支給開始年齢を引き上げたりしている。

医療の分野でも、高齢者の分を中心に、急速に増加する医療費をおさえながらまかなうために、しばしば薬価を改正したり、患者の負担を増やしたり、保険料を引き上げたりしている。

社会保障(大きな政府と小さな政府)

大きな政府

現代国家の性格を特徴づけるものに、福祉国家がある。これは、国民の最低限度の生活を保障するために、セーフティネットとしての社会保障制度の充実や完全雇用の実現を目標とする国家のことで、第二次世界大戦後に急速に発展してきた。これらの目標を達成するためには、大規模な行政機構や財政措置が必要となり大きな政府ができあがってきた。

小さな政府

今後の少子高齢社会においては、大きな政府は現役世代の負担をさらに大きくするので、負担に耐えきれないという状況が心配されている。これに対して1980年代に、小さな政府をつくろうとする動きがみられた。イギリスのサッチャー政権やアメリカのレーガン政権などは、福祉国家を目標とする大きな政府を批判して、行政改革をおし進め、規制緩和政策により企業間の競争を促進し、減税や社会保障の削減をおこなって小さな政府をめざした。

小さな政府を推進する人びとは、社会保障制度などの政府によるセーフティネットの充実は国民のモラル・ハザード(道徳の欠如)を発生させ、経済の効率性を阻害することになるという。

  • 大きな政府…その財源を主に税金に頼るため、国民の税負担が大きくなる傾向が出てくる。
  • 小さな政府…国民の自立が重視され、税負担は軽くなる反面、国家による行政サービスの内容は低下することになる。高齢者の福祉政策も、見直しや削減を余儀なくされている。

少子・高齢社会と税負担

日本の税体系は直接税が中心になっているが、高齢社会を支えるにあたって、財政収入を維持するためには消費税のような 間接税の比率を高めることが主張されている。消費税の比率を上げれば、徴税コストが安くすみ、比較的簡単に財政収入を増加させられる。それを国民のために利用すれば、福祉サービスの向上につながるかもしれない。

反面、消費税の比率を引き上げることは、大きな所得格差が存在する現実を考えると、低所得者や年金に頼る高齢者たちにとっては重い負担(逆進)となり、今以上に税負担の公平性をくずすことになりかねない。さらに、社会保障制度を社会保険中心に充実させる場合には、 保険料を負担する現役世代の負担額が大きくなり、国民生活に大きな影響を与える。また国民年金や国民健康保険の保険料滞納者が増加していることなどが問題となっている。
確認【高校・政治経済】日本の社会保障制度

まとめ

どのような福祉政策が国民にとって望ましいかを考えるのは容易ではない。世代間の公平を損なわずに、社会の活力を維持しながら、福祉の充実と国民負担を調和させることが、国民にとって満足度の高い政治ということになるだろう。

福祉国家を実現するためには、社会福祉の内容を充実させ、 高齢者や傷害を持った人など社会的弱者に対して優しい社会をつくることが大切である。

  • ノーマライゼーション…高齢者や障害者を施設に入れて隔離するのではなく、健康な人や若者などと共に生きる考え方
  • バリアフリー化…歩道の段差をなくし、バスの乗降ス テップを下げ、駅や公共の建物にエレベーターやエスカレータ ーを設置するなど
スポンサーリンク
スポンサーリンク