【政治・経済】需要と供給の仕組み

スポンサーリンク

【政治・経済】需要と供給の仕組みについてまとめています。需要と供給の仕組みに関して、価格についてもふれています。それでは、【政治・経済】需要と供給の仕組みです。大学受験の人、投資家の人にも対応しています。

価格

経済活動の中心は、市場取引です。売り手と買い手が出会う場所は、すべて市場です。株式市場もその1つです。市場経済では、必要な財・最頻値を貨幣、つまりお金と交換に商品として獲得します。このときの、商品と貨幣の交換比率が価格ということになります。

  • 市場…モノを売買する場所の総称。
  • 財…食料、衣料、住宅などの有形商品。
  • サービス…衣料や交通、保険、教育、公務など無形の商品。
スポンサーリンク

需要と供給

価格は、モノを買うか買わないかを決定する大きな要素ですから、価格には、経済行為の選択機能があるといえます。市場では、価格がその商品の需要と供給を決めます。

  • 需要…消費者がモノを買うこと
  • 供給…生産者が作ったモノを売ること

一般的に、需要は根が上がれば減少し、値が下がれば、増加します。安ければ、買うという当たり前の行為です。一方で、供給は値が上がれば、増加し、値が下がれば減少します。

価格によって消費行動は大きく左右されるわけです。価格が高くなれば、超過供給となり、価格が安ければ、超過需要がうまれます。

  • 超過供給→売れ残り→価格下落
  • 超過需要→品不足→価格上昇

均衡価格の決定

均衡価格は、その商品にとって最も適切な価格です。均衡価格は、需要量=供給量の状態が実現し、この状態を資源の最適配分といいます。売れ残りも品不足もない、いい状態になります。

価格の自動調節作用

均衡価格になるまでに、価格は上下しながら、需要量と供給量が一致に向かっていくプライス・メカニズムのことを「価格の自動調節作用」といいます。このことを、アダム・スミスは、「(神の)見えざる手に導かれて予定調和に至る」と国富論(1776年刊)と表現しています。

完全競争市場の成立条件

価格の自動調節作用が十分にはたらくためには、完全競争市場の成立条件があります。

  1. 売り手も買い手も多数存在して、誰も価格に対する支配力をもたないこと。
  2. 市場に成立する価格を、重要者・供給者の所与の条件として受け取ること。
  3. 取引される商品は全く同質同等であること。
  4. 市場に参入したり退出したりすることが、完全に自由でなかればならないということ。
  5. 全ての市場参加者が、価格と数量。品質などについて完全な情報を持っていること。

5つの条件があります。

まとめ

  • 大学受験の人は、「均衡価格」「資源の最適配分」「価格の自動調節作用」「完全競争市場の成立条件」を覚えておきましょう。
  • 投資家の人は、株価も、長期的には、価格(価値)の自動調節作用により、業績に収れんされていくのだろうと思います。

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク