【高校・政治経済】ASEANとAPEC

スポンサーリンク

【高校・政治経済】ASEANとAPECについてまとめています。

ASEAN「東南アジア諸国連合」

東南アジアでは、1967年に域内における経済成長、社会・文化的発展の促進、政治的・経済的安定の確保をめざして、インドネシア・マレーシア・フィリピン・シンガポール・タイの5 カ国で、東南アジア諸国連合(ASEAN)を発足させた。

ASEANはその後、1984年にブルネイ、1995年にベトナム、1997年に ラオス・ミャンマー、1999年にはカンボジアを加え、10カ国に拡大している。

  • 1996年…ASEANは域外諸国との連携も深め、EUの加盟国や日本・中国・韓国との アジア欧州首脳会議(ASEM)を設立し、国際的地位を高めている。
  • 2008年…ASEAN共同体の創設をかかげた ASEAN憲章を発効。
スポンサーリンク

ASEAN自由貿易地域(AFTA)

1993年にASEAN自由貿易地域(AFTA)が 経済面においてつくられ、域内の自由貿易と非関税障壁の廃止によって、域外からの直接投資を促進し、域内関税の撤廃や投資の自由化、労働者の移動の自由化の進展を目標にしている。

アジア太平洋経済協力会議 (APEC)

環アジア・太平洋地域では、日本や中国、韓国などの東アジア諸国からオーストラリア、南北アメリカにいたるまでの広い範囲を対象に、1989年からアジア太平洋経済協力会議 (APEC)が設けられている。APECは、貿易・投資の自由化をめざすゆるやかで開かれた経済体制で、先進国は2010年までに、発展途上国も2020年までに貿易の自由化を達成する方針である。

あわせて確認

以上が、【高校・政治経済】ASEANとAPECとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク