株式を保有することの意味

スポンサーリンク

今回は、「株を保有することの意味」を解説していきたいと思います。どうしても、株式投資をすると目先の利益を機にしがちです。長期保有と決めつけても、日々の株価の動きは、チェックしてしまいます。そうなってくると、日々の株価のアップダウンに、メンタルがついていけなくなることもしばしば。そうならないことを防ぐためにも、そもそも「株を保有することの意味」を知っておく必要があるでしょう。

株式の保有

株式の保有を説明するまえに、いくつかの用語を知っておく必要があります。

  • 資本主義経済…企業が資本を使って、利潤を目的に生産活動を行う経済
  • 私企業…利潤を目的とした民間企業。
スポンサーリンク

私企業の種類

  • 個人企業…農家や個人商店
  • 法人企業…会社というかたちをとっている企業。株式会社、NPO法人など

株式会社

株式の発行によって得られた資金をもとに設立され、株式を購入した出資者は、株主と呼ばれ、株式総会に出席して、利潤の一部を配当として受け取れます。

つまり、株式会社は、株主(たち)のもの。議決権は、それぞれの株主の株式数に比例するので、株式数を数多くもっていれば、会社に対する権限が増すということです。

保有する意味

株主になった時点で、投資先の会社の経営に関わっている(監視している)ということになるわけですから、日々の値動きというより、長期的な視点にたって、会社のビジョン、戦略などに目を向け、株主総会に出席し、疑問点に関して質問してみることも1つです。そうすることで、結果的に大きな実を手にすることができると思います。

市場の参加者として

株式投資が、ギャンブルとは、全く違いということです。ギャンブルは、ゼロサムゲームですが、株式投資は、プラスサム。さらに、保有することで、自らも会社の当事者として、そのプラスを無限に大きくしていくことが可能なのです。

自分がどの会社の所有者になるかという視点に立てば、おのずと投資する会社は決まっていくのではないでしょうか。自分の興味のある業界の会社、自分が就くことができなかった会社など浮かんでくると思います。

あわせて確認

大金がなくても、投資はできる

たとえば、「10億円」の出資を募る場合、「1人の大金持ちに満額を出してもらう。」のか、「1万人の10万円ずる集める」のか。どちらも金額は同じですが、「株式」の観点では、意味が少々異なります。

株式は、「会社のオーナー」である証です。1人の株主がたくさんの株式を持つことは、オーナーとしての権利をたくさん持つということにほかなりません。資本金5億円の感謝に、1人の投資家が10億円を追加出資すれば、その投資家の議決権は全体の3分の2におよび、会社に対する支配権を完全掌握することになります。

5億円を出している既存株主が、会社の経営方針をむぐって、この投資家と意見が対立しても、逆らえません。だから増資が必要となる会社はなるべく多くの投資家に呼びかけて薄く広くお金集めようとします。小口のポケットマネーを投資に回す個人投資家に、大きな期待を寄せられる理由の一つがこれです。

ただし単元といて、最低限の取引株数が決められている銘柄も多いので100株もしくは1000株、実際の株取引には、それなりにまとまった資金が必要ですが、数万円の手元資金から始める個人投資家は少なくありません。

以上が、【株式解説】株を保有することの意味となります。市場の参加者、会社の所有者としての立場に立つと、日々の株価に一喜一憂することはなくなると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク