▶【厳選】勝つための株式投資の本一覧

2021年注目の株式銘柄企業8選【四季報独自分析】

四季報を独自に分析し、2021年注目株式銘柄企業をまとめてみました。

スポンサーリンク

2021年注目株式銘柄企業一覧

証券コード順に、その企業の概要と注目点を記述しています。

ラクーンホールディングス(3031)

事業者向け卸サイトである企業間取引(BtoB)サイト「スーパーデリバリー」が柱。フィナンシャル事業の売掛保証サービス『T&G売掛保証』『URIHO』も展開。

注目点フィナンシャル事業が、スーパーデリバリーに次ぐ柱の事業として、急成長。新しい事業への展開もあり、期待。

ソリトンシステムズ(3040)

セキュリティソフトウェアの販売とリアルタイム画像伝送システム「Smart-telecaster」の開発・販売などを主な事業の柱。Smart-telecasterは、企業向けクラウドサービス、モバイル回線による高品質の転送が可能。

注目点GIGAスクール構想の関連銘柄(ここは、無線LANやセキュリティ製品の供給)としても注目。さらに、自治体テレワーク化の製品もあり、続伸期待
GIGAスクール構想
多様な子供たちを誰一人取り残すことなく、 子供たち一人一人に公正に個別最適化され、資質 ・ 能力を一層確実に育成できる教育ICT環境の実現することが目的。

シップヘルスケアホールディングス(3360)

医療機関の新設・移転・増改築を総合的に支援事業、医療施設に診療材料・消耗品などの一括販売事業、介護付き有料老人ホーム・調剤薬局・動物病院の運営が主な柱。

注目点医療機器、設備を一括販売できることの強みは、今後まだまだ需要はありそう。パングラディシュ病院プロジェクトも2021年春より始まる

GA technologies(3491)

中古不動産の総合プラットフォーム「RENOSY」、不動産投資家のための「RENOSY INSIGHT」、不動産資産運用の「RENOSYクラウドファンディング」が柱。

注目点東証のDX(デジタルトランスフォーメーション)銘柄に選出。不動産向けSaaS事業が今後柱になっていけば面白い展開に。
DX(デジタルトランスフォーメーション)
データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。企業がビジネス環境の激しい変化に対応ことが目的

メドレー(4480)

ヘルスケア領域向け成果報酬型の人材プラットフォーム事業『ジョブメドレー』を展開。医療プラットフォーム事業として『CLINICS』及び『MEDLEY』をサービス化している。

注目点オンライン診療システムと電子カルテの事業の今後の成長に期待。さらに、新しいプラットフォームになりうる服薬指導システム「Pharms」が大手調剤薬局での全店導入などが相次ぎ注目。

フロンティア・マネジメント(7038)

専門家によって構成された経営支援・M&Aアドバイザリー企業。クロスボーダーM&A強化。多様なバックグラウンドを持つ⼈材を採⽤し、市場から必要とされる事業部⾨へ配属。

注目点銀行からの紹介で、業績が伸長している点に注目。また、自社メディアをうまく展開し、認知度向上し営業の負担軽減(顧客接点ができている)になっている。

イー・ギャランティ(8771)

信用リスク保証(企業が抱える売掛債権の保証を手掛ける)事業が柱。今後は、中小企業へも顧客裾野拡大を狙い、Webでのプラットフォームへも挑戦。

注目点企業の売掛債権のリスクは、再保証先に移転する市場を構築。独自で、「市場」を持っているのが強みであり、先行き不透明な時代には欠かせないビジネスモデル。ニッチNO.1であり、ストックビジネスであり投資先として安心感も。

コーア商事ホールディングス(9273)

商社機能とメーカー機能を併せ持つグループであり、ジェネリック医薬品の原薬輸入販売事業と医薬品製造販売事業が柱。

ジェネリック医薬品
新薬の「特許期間」および「再審査期間」が満了した医薬品について、厚生労働省の承認を得て製造・販売される医療用医薬品のこと。
注目点注射剤や経口剤の販売は今後も長く必要とされることが見込まれる。透析患者向けの注射剤は、年間190万本以上の製造を見込む。

テーマ関連株
スポンサーリンク
KABUMO

コメント

テキストのコピーはできません。