【株式用語】利益準備金

スポンサーリンク

利益準備金 earned reserve

法律によって積み立てが強制されている法定準備金のひとつで、貸借対照表の資本の部に計上される。商法の規定により,法定準備金のもうひとつの項目である資本準備金(capital reserve)と合わせて資本金 の4分の1に達するまで、決算期ごとに配当や役員賞与など 利益処分として支出する金額および中間配当額の10分の1以上を積み立てていく。利益の過度な社外流出を防ぎ、財務基盤を強化するのが狙い。このため使途も資本の欠損(累積損失が膨らむなどして資本金と法定準備金の合計額が株主資本を下回ってしまった状態)の補填か、資本金への組み入れに限定されてきた。

スポンサーリンク

資本準備金

資本準備金は,株式発行額のうち資本金に組み入れなかった金額や減資・合併差益など資本取引に伴って発生した剰余金を積み立てるもので,利益準備金よりはやや緩いが使途は限定されている。2001年4月の商法改正で、株主総会の決議があれば,法定準備金の総額から資本金の4 分の1の額を引いた額を上限として,法定準備金を取り崩すことが可能になった。取り崩した法定準備金は配当可能利益に組み入れることができるようになったほか,金庫株を取得 するための原資にも使えるようになった

スポンサーリンク
スポンサーリンク