▶【厳選】勝つための株式投資の本一覧

アイリッジの企業研究(業績・ビジネスモデル)

証券コード【3917】のアイリッジの企業研究(業績・ビジネスモデル)です。

スポンサーリンク

アイリッジの概要

インターネット(オンライン)上のウェブサイトやアプリを通じて消費者に情報を提供し、実店舗(オフライン)への集客につなげる販促手法オンライン・ツー・オフライン(O2O)の支援事業を手掛ける。また、スマートフォン向け情報配信システム「FANSHIP」を組み込んだアプリの開発や運用支援、O2Oに関連する企画・コンサルティングなどを行っている企業。

オンライン・ツー・オフライン(O2O)
ネット上(オンライン)から、ネット外の実地(オフライン)での行動へと促す施策のことや、オンラインでの情報接触行動をもってオフラインでの購買行動に影響を与えるような施策のこと。アイリッジの場合、顧客企業は、消費者に提供している自社公式アプリに「FANSHIP」を組み込むことで、当該公式アプリをダウンロードした利用者の待ち受け画面にクーポンなどの情報を自動的に表示可能。

アイリッジのビジネスモデル

アイリッジのビジネスモデル図解

アイリッジの売上推移

年度売上備考
20181540
20193261
20205337過去最高
20214363
20225150会社予想

アイリッジの事業ドメイン

デジタル・フィジカルマーケティング

企業研究
スポンサーリンク
KABUMO

コメント

テキストのコピーはできません。