注目の外食産業・飲食サービス銘柄企業6選

スポンサーリンク

飲食サービスを展開する企業のうち、これから伸びるであろう飲食サービス企業をまとめてみました。

飲食サービス銘柄一覧

  1. ユナイテッド&コレクティブ
  2. 串カツ田中
  3. 力の源ホールディングス
  4. シンクロ・フード
  5. アークランドサービスホールディングス
  6. 日本マクドナルドホールディングス
スポンサーリンク

ユナイテッド&コレクティブ

ユナイテッド&コレクティブ株式会社は首都圏を中心に鶏料理専門店の「てけてけ」、ハンバーガーショップの「the 3rd Burger」、魚と地酒の「心」など複数の業態を展開している外食チェーン。店内仕込・店内調理を行う事で他の外食企業やコンビニと差別化を図っていることが強み。

串カツ田中

関東圏を中心に直営とフランチャイズで外食チェーン店を展開する2002年に創業された企業。大阪伝統の味である串かつを日本を代表する食文化の一つとすることを目標としている起業。強みは、材料、調理の方法、味にこだわることにより、他店の串カツと差別化や商品とサービスを組み合わせ、お客様との接点を増やすことで、老若男女のお客様に楽しんでいただけるお店づくりなどが挙げられます。

力の源ホールディングス

福岡に本社をかまえ、世界にラーメン店チェーン「博多一風堂」などを展開。力の源グループのミッションとして「Japanese Wonder To The World~世界中に笑顔とありがとうを~」を掲げ、日本の食と文化が持つ、人を笑顔にする魅力 “Japanese Wonder”で、世界各地をもっとワクワクさせていこうとビジネスを展開。

シンクロ・フード

飲食関連としてシンクロ・フードにも注目。飲食店(店舗)の出店開業者・運営者を支援するサイト「飲食店.COM」、「店舗デザイン.COM」を運営。飲食店に特化したサービスで、自社で企画・設計・開発・運営、顧客対応をこなしている企業。
詳細【3963】シンクロ・フード企業研究

アークランドサービスホールディングス

とんかつ専門店「かつや」の運営が主力事業。「かつや」では、「高品質なとんかつをお値打ち価格で提供する。」をコンセプトとして注力。食材のこだわりにおいて、豚肉は、肥育から加工工程までに及ぶ厳しいチェックに合格した北米(カナダ・アメリカ)産豚肉を仕入れいる企業

日本マクドナルドホールディングス

世界的ハンバーガーチェーン。一時の不祥事による不振から立ち直り、おしゃれな店舗が増え、味も進化をつづけて美味しくなっています。今後も業績を引き続き上すのではないかと期待。

以上が、注目のこれから伸びる飲食サービス銘柄企業一覧となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る