キャピタルゲインとインカムゲインの違い・比較

スポンサーリンク

キャピタルゲインとインカムゲインの違い・比較についてまとめています。どちらも投資をして、利益を生むことでは共通しています。今回は、そのどうやって利益を生むのかの違いなどについて解説しています。それでは、キャピタルゲインとインカムゲインの違い・比較をみていきいましょう。

ゲイン
gain(ゲイン)は「手に入れる」という動詞と名詞の「もうけ、利益」という意味であります。ここでいうgain(ゲイン)は、「利益」ということになります。

キャピタルゲインとインカムゲイン

  • キャピタルゲイン…資産の売買差益により利益を得ることができます。(例)株式の売買益
  • インカムゲイン…資産を所有することで利益を得ることができます。(例)株式の配当
項目 キャピタルゲイン インカムゲイン
手段 株式投資 株式の配当
投資信託 投資信託の分配金
不動産の売却益 不動産投資の家賃収入
外国為替取引による利益(FX) 外国為替のスワップポイント
特徴 売買することで損益 所有することで利益
メリット・デメリット 損益の差が大きい 益は小さいがストック型(安定)
注意 不動産の売買では税金の税率の幅がある。

キャピタルでの売買で、損を出すことを、キャピタルロスといいます。また、一般的に、インカムゲインのことを不労所得と指すことが多いです。

スポンサーリンク

ト-タルリターン

どちらか一方のゲインということではなく、ポートフォーリオのバランスが大事なのだろうと思います。

株式投資に限った場合ですと、

  • キャピタルゲインを狙うために、配当はないが、新興の高成長の期待できる企業へ投資
  • インカムゲインを狙うために、ストック型ビジネス、かつ高配当の企業への投資
  • キャピタルもインカムも狙える、ニッチトップの、かつ配当のある企業へ投資

などポートフォーリオを組むことです。

また、どう運用していくかも大事で、狙い通り、キャピタルゲイン狙いの企業が成長したら、一部を売却し、インカムゲインを狙うために、ストック型ビジネス、かつ高配当の企業への投資への比率を上げるなど、長期的に安定したゲインを手にする戦略に切り替えるなど、自分の年齢、ライフステージに合わせていくことも1つでしょう。

まとめ

以上が、キャピタルゲインとインカムゲインの違い・比較でした。例えるならば、

  • キャピタルゲイン…木そのもので、木を売ることで利益を生む。(にわとり)
  • インカムゲイン…木になる果実で、その果実が利益を生む。(たまご)

ということになるでしょう。最終的に望むものは、インカムゲインだけの生活という人も少なくないでしょうが、キャピタルゲインの魅力に取りつかれる人も少なくないようです。

あわせて読みたい

スポンサーリンク
スポンサーリンク