注目の遠隔教育ICT企業銘柄一覧

スポンサーリンク

注目の遠隔教育ICT株式銘柄

国策テーマともいえるICT教育。2020年度の小学校を皮切りに10年ぶりに改訂される新たな「学習指導要領」が公表され、情報活用能力の育成を重視したICT環境の整備が着々と進行中。

【3933】チエル

ICT製品による教育現場への貢献や、教育に関するセミナーを開催している企業。今後、遠隔による教育やICTを使った教育が広がっていくことが予想されます。その中で使用する教材や製品の一端を担うのではと注目の企業。

確認【3933】チエルの企業研究

【2345】アイスタディ

Eラーニング 事業、アカデミー事業、インキュベーション事業を柱とする企業。法人向け学習管理システム 「iStudy LMS」や法人向けビジネスビデオ 「Qumu」などが好調。テレワークの定着してくれば、今後大きく業績を上げる可能性も。eラーニングシステム「SLAP」では、資格試験や模擬試験などへの期待がある。2020年5月1日を予定日に株式会社クシムに名称変更予定。

【3998】すららネット

AI×アダプティブラーニング「すらら」の提供および運用コンサルティングを展開する企業。すららは、自宅向け、学習塾名、学校向けとあらゆる層で展開。学校向けでは、学校の課題解決をサポート。低学力層の底上げ、生徒募集の強化、進学実績の創出などに寄与できる。すららは現在、スリランカ、インドネシア、インドにも展開。社会貢献性、テーマ性、市場性と揃う。

コメント