EBITDA(金利・税・減価償却・その他償却前利益)とそれを使う理由

スポンサーリンク

EBITDA(金利・税・減価償却・その他償却前利益)についてまとめています。 EBITDAは、earnings before interest, taxes, depreciation, and amortization の頭字語ですが、日本語では、どんな訳・解説となるのでしょうか。それでは、EBITDA(金利・税・減価償却・その他償却前利益)とは?です。

EBITDA(イービットディーエー)

支払利息、税金、有形固定資産の減価償却、無形資産(のれんなど)等の償却を控除する前の利益を指します。日本語では、金利・税・減価償却・その他償却前利益と訳されます。

損益計算上では表示されず、追加的に加持されるプロフォーマ利益です。簡易的には、税引き前利益に支払利息と減価償却費を加算することで求められます。税制、資本構成、減価償却や償却の影響などを排除して比較を試みた指標です。

なお、営業からキャッシュフローに近い指標として重視する場合もあります。ただし、売掛金、買掛金、リース費用などの影響は排除されないため、キャッシュフローと同じでないことに注意が必要です。

スポンサーリンク

EBITDAの算出

  • 営業利益+営業外収益(受取利息・受取配当金)+減価償却費
  • 経常利益+支払利息+減価償却費
  • 税引後当期利益+支払利息+法人税

と3つの算出方法があります。

また、倍率分析では、分母にEBITDAを取り、分子に株主価値のみならず負債価値も考慮した企業全体の価値であるエンタープライズバリュー(EV)を取って、企業価値を算定(EV/EBITDA=企業価値EBITDA比率)することがあります。

EBITDAを使う理由

  1. 会計基準が異なる海外の会社と日本の会社を比較することができる
  2. 類似業種でも、設備の耐用年数、償却方法の違いなどで減価償却費が異なる会社を比較することができる

減価償却費の影響を排除し、解釈や曖昧さをなくすことで、償却前利益の方が本業の儲ける力を表すことができる利点があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク