【株式用語】コール・オプションのメリット・デメリット

スポンサーリンク

【株式用語】コール・オプションについての解説です。コール・オプションとは、ある物(原資産)を買う権利のことをいいいますが、ここでは株式市場にフォーカスしてまとめています。

コール・オプション

  • コール…呼ぶという意味のほかに、金融機関の間で行う極めて短期の融資という意味があります。
  • オプション…選択であり、特に、ある事・物の追加を希望するかどうかの選択するという意味があります。
スポンサーリンク

コール・オプションの例

株式会社Aの株を例にしてみます。買い手側に立ってみます。

権利を購入

A株を1,000円でコール・オプションします。=1000円で買うことができる権利を手にします。この価格(1,000円)のことを、権利行使価格といいます。 そして、オプション自体の値段のことを、プレミアム(権利を行使する際にかかる費用=オプション料)という。オプションには必ず期日(満期日)が設けられています。この場合、その期日に、1000円で買うということを意味します。

行使する

期日(満期日)に権利を行使してみます。その日の株価が2000円で、プレミアムが100円だったとします。行使をすれば、1000円でA株を購入できるので、その時点で、プレミアム100円を支払ったとしても、900円の含み益があることになります。

しかし、その日の株価が500円など値下がりしていた場合は、権利を放棄することになります。この場合、損失は最大でもオプションのプレミアムだけということになります。つまり100円ですね。

転売する

また、期日(満期日)まで待たなくても、株価が上がり、利益を確定したい場合は、権利を転売することも可能です。

コール・オプション まとめ

以上のように、オプションの買い手は「損失限定、利益無制限」なので、ローリスク・ハイリターンといえるかもしれません。

その他 株式用語

以上が、【株式用語】コール・オプションのメリット・デメリットとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク