▶【厳選】勝つための株式投資の本一覧

勝つために株式投資をする人が必ず読んでおきたい本一覧

株式投資をする人が必ず読んでおきたい本一覧です。

スポンサーリンク

株式投資をする人が必ず読んでおきたい本一覧

原理原則、テクニカル、心構えなどの観点からぜひ読んでおきたい投資家のための本を厳選してみました。

フィッシャーの「超」成長株投資

「フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために」名著中の名著というべき本で、あのアメリカの大投資家バフェットの師であり、その投資法に多大なる影響を与えたフィリップ・A・フィッシャー氏の著書です。

「投資家は決して10%や20%の小さな利益にではなく、何年間もかけて10倍近くになるような株価の成長にこそ興味をもつべき」と断言。

銘柄の探し方や実践的な方法を知りたい人にとっては、必読書。

投資の大原則[第2版]

「投資の大原則[第2版]-人生を豊かにするためのヒント」は、誰にでもできる至高の成功法則についての本。つみたてNISA、iDeCo時代の長期投資法で、インデックス・ファンドに長期分散投資に注目している。

なぜ投資が必要なのかといったレベルから話が始まり、どのようにリスクに備えるのかな実践的な著書である。

バフェットとソロス 勝利の投資学

「バフェットとソロス 勝利の投資学ー最強の投資家に共通する23の習慣」は、投資業界の巨匠2人の共通原則を見つけ、それを記述したほんとなります。2人の投資戦略とその手法は対照的だったにも関わらず、共通原則あったわけです。

バフェットが優れた事業を行なう会社の株を、自分の判断に基づいて割安な水準で買い、「未来永劫に」保有するのに対し、ソロスは通貨・先物市場で大規模かつレバレッジの効いた取引を行なうことで知られている。

2人の信念、行動、態度、意思決定の戦略を分析することにより、両者が信念をもって行なっている23の知的習慣と方法について記述されています。

ピーター・リンチの株で勝つ

「ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け」は、株式初心者が読むべき本としてもおすすめされることが多いですが、長年の経験者も時折読み返したい本の一つ。「アマチュアの強み」といかんなく発揮できると勇気と手法を手に入れることができます。

株動向のとらえ方、情報収集のポイント、ポートフォリオ、売買のタイミングなど、投資の基本から実践的な内容まで学べます。

ウォール街のランダム・ウォーカー

ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理は、株式投資関連本で超ロングセラーの名著の一つ。硬派な内容でありながら、数式はほとんどなく、グラフや表を多用しており、初心者にも理解しやすくなっています。

書評・用語
スポンサーリンク
KABUMO

コメント

テキストのコピーはできません。