中高生でもわかる「ビットコインなど仮想(暗号)通貨」を知る!

スポンサーリンク

中高生でもわかる「ビットコインなど仮想通貨」についてまとめています。仮想通貨について、暗号通貨と仮想通貨のニュアンスの違い、ビットコインのその仕組みや今後の予測される展望などについてまとめています。それでは、中高生でもわかる「ビットコインなど暗号(仮想)通貨」についてです。

暗号通貨と仮想通貨

日本では、ビットコインなどを中央銀行が認めている(発行していない)からか、通常の通貨としての対比として、「仮想通貨」として認識している気がしています。

ただ現在のビットコインなどの仕組みなどから考えると「暗号通貨」と呼んだ方がしっくりくる気もします。「仮想」というとなんだか、本物でなく、怪しい雰囲気も漂いますからね。オールド側の人からすれば、それが狙いかもしれないですが…。

この記事では、現段階で多く知れ渡っている「仮想通貨」で文言を合わせていきたいとおもいます。

スポンサーリンク

仮想通貨の歴史

  • 2009年 世界初の仮想通貨ビットコイン取引可能へ
  • 2010年 仮想通貨取引所設立
  • 2015年 仮想通貨イーサリアム取引可能へ

ビットコインの取引量が圧倒的に多く、ビットコイン以外の仮想通貨全部の総称として、アルトコインという言い方をするときがあります。

ビットコインなど仮想通貨の仕組み

ビットコインなど仮想通貨の仕組みで知っておかなければならないキーワードが

  • ブロックチェーン
  • ハッシュ
  • P2P

です。

ブロックチェーン

ブロックチェーンは、「ブロック(塊)」と「チェーン(鎖)」を掛け合わせた造語で、まさにそのような仕組みをとっています。

  • 「ブロック(塊)」…取引データをまとめたもの
  • 「チェーン(鎖)」…ブロックをつないでいくもの

ブロックチェーンは、取引を記録し続ける存在で、いわば、取引台帳の役割を担っているわけです。

ハッシュ

ブロックしたもの。つまり、取引データをまとめたものを盗んだり、改ざんできないようにするために「ハッシュ」というものが存在します。

ハッシュは、データを暗号化できると覚えておくといいでしょう。

P2P

P2Pは「Peer to Peer(ピアツーピア)」の略称で、Peer=端末の意味なので、P2Pは、端末同士をつなぐということになります。ここでつなぐとは、「共有」するというニュアンスでとらえておきましょう。つまり、P2Pとは、データを共有しているということになります。

みんなで共有しているので、だれか(一部の)データが破損しても、ほかにそのデータは残っていることというのが特徴です。

ビットコインは、ブロックチェーンをハッシュにより守り、P2Pで保険をかけているということになるでしょう。データの改ざんや不正は難しく、仕組み上は安全に運用できると考えられます。

仮想通貨の種類

ビットコインをはじめとした仮想通貨の種類は、今や1000種類を超えるといわれています。ビットコインとは、その中でもっとも取引されている通貨ということになります。だいたい全取引の8割ぐらいとみておきましょう。残り2割の取引を、その他の仮想通貨がやっているということになります。

その他の仮想通貨

  • ビットコインキャッシュ(BCC または BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • Dash(旧Darkcoin)
  • Monero(XMR)
  • ZCASH(ZEC)
  • ネム(NEM)
  • IOTA
  • モナコイン(MONA)

などが、ビットコインには劣るものの取引量が多く、時価総額が高いものとなっています。

日本で仮想通貨購入するには

ビットフライヤーが有名でおすすめです。手続きも早く、すぐに取引を開始することができます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインの未来

現在のビットコインはバブル的だという指摘も少なくありません。一方で、まだまだ通過点という人もこれまた少なくないのも事実です。まだまだ、誕生したばかりの通貨です。今後もしばらくは。ボラティリティ(=変動の激しさ)は大きいとは予想されますが、10年、20年スパンで考えた時、その市場全体は大きくなっているのではないかとも見て取れます。

各人がどうちょっと遠い未来を予想するかで、仮想通貨を購入するか、しないかのスタンスは変わってくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク