ボリンジャーバンドにおけるバンドウォーク

スポンサーリンク

ボリンジャーバンドにおけるバンドウォークについてまとめています。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、株式投資におけるテクニカル分析方法で、1980年前半にジョン・ボリンジャー氏が公表したものです。ボリンジャーバンドの手法は、移動平均線とその上下ラインである±1σ(シグマ)、±2σ、±3σを利用した方法です。

ボリンジャーバンドの間に株価が推移する統計学的な確率は、

  • ±1σの間に68.27%
  • ±2σの間に95.45%
  • ±3σの間に99.73%

とされています。

スポンサーリンク

テクニカル分析(technical analysis)

株式、為替、商品市場などの過去の 価格や出来高のデータから何らかのパターンを見いだし、将来の価格変化を 予測しようとする考え方である。弱度の効率性(weak form)を否定する立場と考えられていますが、人間心理の一部をとらえているという指摘もあり、信奉者も少なくない。また、高度な時系列モデルを使った洗練されたテクニ カル分析手法の有意性も示されている。

移動平均線(moving average)

過去の一定期間の株価 の平均値をグラフにしたもの。相場や株価の動向をつかみ、 方向性や転換点を分析する。売買の平均コストの分析にも使 われる。平均する期間によって、短期線 (6日,25日,5週)、中期線(75日,100日,13週)、長期線(200日,26週) などがある。

バンドウォーク

ボリンジャーバンドの中で、もっとも強いトレンドが期待できるのが、バンドウォークです。ボリンジャーバンドの±2σラインの縁に沿って株価が上昇、もしくは下落していく状態のことを、バンドウォークといいます。しばらくこのバンドウォークは続くケースが多いですが、どこかのタイミングで、買われすぎを警戒した急落や調整が起きるときがあるので注意です。

その他の用語

スポンサーリンク
スポンサーリンク