▶【note】投資歴20年の負けない株式投資のポイント

【3906】ALBERT(アルベルト)の企業研究(業績・ビジネスモデル)

ALBERT(アルベルト)企業研究とビジネスモデルです。分析力をコアとするデータソリューションカンパニーとして、顧客の意思決定と問題解決を支援をしている企業。

スポンサーリンク

ALBERT(アルベルト)の概要

ALBERTは創業以来「分析力をコア」とするデータサイエンティスト集団として成長。今後も人工知能や機械学習技術を駆使したデータソリューションで、あらゆる産業の問題解決に貢献していくとしている企業。ディープラーニングを活用した画像認識案件、各種機械に設置されたセンサーから収集したデータを分析し、機械の劣化を予測する案件等、AIやIoT関連の案件の受注を重ねている。

ALBERT(アルベルト)のビジネスモデル

アルベルトのビジネスモデル図解

  • ビッグデータ・アナリティクス市場において、高い分析力
  • AI技術はドメインを問わないため、主要産業全てにおいて活用が可能。先端技術の研究を継続的に行っており、CATALYST戦略を推進していく技術力を保有。

ALBERT(アルベルト)の売上推移

年度売上(百万円)
2017872
20181630
20192324
20202703
20213380(会社予想)

「基本戦略」に基づくケーパビリティの増強が進行中、中⾧期的な成⾧に備え、品質管理体制の整備を開始

ALBERT(アルベルト)の収益の柱

  1. クライアント毎に特化したビッグデータ分析、アルゴリズム開発、AIのシステム実装等を提供するプロジェクト型サービス
  2. 幅広いクライアントを対象とするAIを搭載した汎用的な自社プロダクトの提供
  3. データサイエンティスト育成支援

コメント

テキストのコピーはできません。