▶【厳選】勝つための株式投資の本一覧

味の素の企業研究(業績・ビジネスモデル)

証券コード【2802】味の素の企業研究(業績・ビジネスモデル)です。

スポンサーリンク

味の素の概要

『「おいしさか栄養か」ではなく、おいしく食べることも栄養も両方重要だ』を掲げ、調味料、栄養・加工食品、ソリューション&イングリディエンツ、冷凍食品、医薬用・食品用アミノ酸、バイオファーマサービス、化成品の事業を展開。

味の素のビジネスモデル

味の素のビジネスモデル図解

味の素の売上推移

年度売上高(百万円)備考
20181,150,209
20191,127,483
20201,100,039
20211,071,453
20221,113,000会社予想

味の素の事業ドメイン

  • 調味料・食品事業
  • 冷凍食品事業
  • ヘルスケア事業

味の素の強み

  • ブランド力
  • 商品開発力
  • マーケティング力
  • グローバルな展開・販売力

企業研究
スポンサーリンク
KABUMO

コメント

テキストのコピーはできません。