▶【note】投資歴20年の負けない株式投資のポイント

【6191】エアトリの企業研究(業績推移・ビジネスモデル)

エボラブルアジアからエアトリに社名変更をした、エアトリの企業研究とビジネスモデルです。国内航空券のインターネット販売に特化したオンライン旅行事業などを展開をしている2016年3月31日にマザーズに上場した企業。それでは、【6191】エアトリ企業研究とビジネスモデルをみていきましょう。

スポンサーリンク

【6191】エアトリの概要

「One Asia -アジアは一つとなり、世界をリードする-」をビジョンに、「アジアの人々の「移動」と「協業」を、ITの力でより近くに」を企業ミッションとして事業展開を行っております。旅行商材の比較サイトによる直販(BtoC)、他社媒体へ当社の検索予約エンジンを提供するOEM提供(BtoBtoC)、ホールセール(BtoB)、法人の出張手配(BTM-Business Travel Management)を販路に、国内航空券を中心に旅行商材の販売を行う「オンライン旅行事業」と、ベトナムにおけるラボ型システム開発を行う「ITオフショア開発事業」、さらに急増する訪日旅客(インバウンド需要)に旅行商材を提供する「訪日旅行事業」の柱を主要事業として事業展開。

エアトリのビジネスモデル

エアトリビジネスモデル図解

オンラインに特化した旅行会社として、3つの強みである「仕入れ力」「多様な販路」「システム開発力」を主軸に便利なプラットフォームを展開。(例)国内の航空会社13社の航空券やホテルを、エアトリWEBサイト上やアプリで比較検討し簡単に予約。

エアトリの業績売上推移(単体)

年度売上(百万円)備考
20151996
20163002
20175534
201812426DeNAトラベル買収
201924306
202021241コロナ打撃
202124300会社予想

 

エアトリの主な・収益の柱

  • オンライン旅行事業
    航空会社との強固なアライアンスにより、国内全路線の比較予約を実現
  • ITオフショア開発事業
    エンジニア人材不足のソリューションとしてベトナムのホーチミン・ハノイ・ダナンに拠点を設立。500人以上のITエンジニアを擁する”日系最大のラボ型オフショア開発”を展開。
  • 訪日旅行事業
    オンライン旅行事業で蓄積したノウハウをいち早く訪日外国人向けサービス及び民泊運営企業向けサービスとして展開
  • ライフイノベーション事業
    多様化する顧客ニーズを「まぐまぐ」をデジタル活用することで実現
  • ヘルスケア事業
    デジタル×医療・ヘルスケアを軸としたサービス展開
  • 投資事業
    これまでの投資ナレッジ・経験の活用、産業構造の変化に対する成長源泉を見極めM&Aや提携、投資を実施

エアトリの強み

  • 急増する訪日旅客(インバウンド需要)に旅行商材を提供する訪日旅行事業も展開
  • 提携ブランドに沿ったサイトデザインのカスタマイズ

エアトリの強化戦略

  • 航空券単品中心のラインナップから、航空券+ホテル(エアトリプラス)中心へのシフトで次のステージへ飛躍的成長を目指す
  • 新タグライン変更等の「エアトリ」ブランディングで認知度を向上させる
  • 粗利益に占める広告比率を抑え、効率的な集客を実現する
  • ITオフショア開発による高品質かつスピード感のある開発力を提供する
  • 上流から実装まで一気通貫したサービスで、さらに事業規模を拡大する
  • M&A実施後の主要3子会社(まぐまぐ/IPC/HT)はIPO準備を推進する
  • 新たな成長領域への積極的な投資により、非連続的な成長を実現する
  • スタートアップやベンチャー企業等への投資による利益を創出する
  • 成長領域を見出し、事業価値を向上させつつ、次なる収益の柱を確立する

コメント

テキストのコピーはできません。