【6030】アドベンチャー企業研究|業績売上推移・ビジネスモデル

航空会社や旅行会社から航空券や各種旅行商品等を仕入れネットを通じて、国内外の利用者に直接販売するサービスを提供している慶應義塾大学出身の中村俊一氏が率いるアドベンチャーです。主力の「Skyticket」は、国内航空券では航空会社別の横断検索機能を持ち、LCC 航空券の取り扱いから、国内外のホテル、国内レンタカー、海外 Wi-Fi レンタル予約などを提供。

スポンサーリンク

アドベンチャー 概要

オンライン旅行会社として、インターネットサイト32言語対応「Skyticket」および「WannaTrip」を運営する企業。「Skyticket」は、国内および海外の格安航空券、国内および海外ツアーを中心とした各種旅行商品をオンラインで予約可能なサイトと「WannaTrip」は海外現地ツアー、海外アクティビティなどの総合予約サイトなどを展開。昨今は、M&Aなども積極的で、アパレル関連、リユース事業を運営するWebサービスを柱とした事業を展開。

アドベンチャー 業績推移

年度売上(百万円)
2014893
20151510
20162683
20175269
20188655
201911235

<戦略>

  1. アプリ1,000万インストール
  2. 連結取扱高1,000億円
  3. エンジニア数倍増
  4. 広告費75億円
  5. M&A1社以上

と2019年6月期は目標と掲げている。

アドベンチャー 収益の柱

  • 国内格安航空券販売
  • 投資事業
  • リユース地行

アドベンチャー 決算

  • アドベンチャー、本決算経常利益86.5%増。22円配当を実施へ。
  • アドベンチャー、17年6月期第1四半期は経常利益3.3倍で着地!
  • アドベンチャー、平成29年6月期第3四半期は前年同期2.1倍の売上増!
  • アドベンチャー、(2018)前期経常は25%増で5期連続最高益、今期業績は非開示

アドベンチャー 取扱高

取扱高前年同月比
201581,401,402,619 円124%
91,327,687,174 円121%
101,150,893,936 円111%
111,200,286,163 円124%
201611,054,193,880 円155%
21,427,358,660 円175%
31,643,503,355 円163%
41,908,382,373 円175%
51,891,069,363 円193%
62,250,698,058 円193%
73,119,891,127 円178%
82,572,005,363 円183%
92,551,224,302 円193%
102,427,247,334 円211%
112,639,669,901 円217%
122,664,483,758 円221%
201712,628,289,261 円249%
23,217,223,296 円225%
34,044,569,403 円246%
43,775,939,630 円198%
54,250,978,394 円220%
64,959,335,152 円220%
76,634,377,535 円213%
85,695,404,187 円221%
95,528,763,241 円217%
105,371,702,891 円221%
115,217,752,133 円198%
124,756,241,219 円180%
201815,658,744,910 円215%
25,775,174,844 円180%
36,998,142,792 円173%
48,786,069,058 円232%
59,309,114,097 円218%
610,171,705,204 円205%
711,390,420,455 円172%
89,822,693,139 円172%
910,090,739,384 円183%
109,985,807,783 円186%
119,695,668,929 円186%
1210,127,024,604 円213%
2019110,254,144,837 円181%
212,465,373,643 円216%
313,310,228,318 円190%
4

<月次取扱高任意開示の取りやめ>
子会社を含めた月次取扱高等につきましては、IRニュースにて任意情報として開示しておりましたが、子会社の上場準備が進んでいるとし、子会社の情報管理及び子会社の親会社からの独立性確保の観点から2019年3月(2019年4月10日公表)の月次取扱高の開示を最後として、今後は非開示。

アドベンチャーの最近の動向

<2019>

  • (1月)航空券予約販売サイト「skyticket」を運営するアドベンチャーがホテル予約販売サービスのiOS、Androidアプリ版を配信開始
  • (1月)ラド観光株式会社の株式の取得(子会社化)に関するお知らせ
  • (2月)Cebu Air, Inc.との代理店契約締結およびAPI情報連携による航空券販売開始
  • (4月)American Airlines, Inc.(アメリカン航空)とのNDC接続に関する契約締結

<2018>

  • 株式会社Telescopeに対する出資
  • 株式会社wundouの株式の取得(子会社化)
  • エアアジア・ジャパン株式会社との業務提携
  • アドベンチャー、コスミックを買収!全株式を取得し、子会社化
  • 航空券予約販売サイト「skyticket」のイメージキャラクターとして八木アリサさんを起用
  • 「skyticket」500万ダウンロードを達成
  • 2018年01月17日株式会社スマートショッピングに出資
  • 3月 NokScoot Airlines Co., Ltd.とのAPI情報連携および代理店契約締結
  • 5月 Expedia Affiliate NetworkとのAPI情報連携でホテル予約販売開始
  • 6月 株式会社TETの株式の取得(完全子会社化)
  • 6月 Hong Kong Express Airways Limited.とのAPI情報連携および代理店契約締結
  • 6月 アドベンチャーホテル予約販売サービスを開始
  • 7月 旅行比較サイト「トラベルコ」へAPI情報提供開始
  • 8月 日本初、アマデウスの次世代検索提案エンジン・マスタープライサー インスタントサーチを導入
  • 8月 Tigerair Taiwan Limited.とのAPI情報連携および代理店契約締結
  • 8月 旅行比較検索サービス「スカイスキャナー」へAPI情報提供を開始

<2017>

  • 訪日外国人向けポータルサイト「japan-guide.com」にて国内航空券の掲載を開始
  • ベストワンクルーズと提携し、クルーズ船商品を掲載開始
  • 株式会社ジラフに出資
  • アドベンチャー、NTTドコモ、JTBやローソングループと次々提携
  • アドベンチャー、「skyticket」300万DL達成!
  • アドベンチャー、Jetstar Airways Pty Limitedと業務提携!

<2016>

  • アドベンチャー、レンタカー予約事業開始へ
  • アドベンチャー、合弁子会社スグヤクが歯科医院予約サイト「スグヤク歯科」ローンチ。
  • アドベンチャ-、skyticket100万ダウンロード達成!
  • アドベンチャー、スカイチケットのイメージキャラクターに堀田 茜さん。
  • アドベンチャー、出資先のエルテスが上場へ!
  • アドベンチャー、トリップアドバイザー提供のTripAdvisor Limitedと業務提携

スカイチケットアプリダウンロード数推移

  • 2016/11 200万DL突破
  • 2017/4 300万DL突破
  • 2017/9 400万DL突破
  • 2018/1 500万DL突破
  • 2018/3 600万DL突破
  • 2018/7 700万DL突破
  • 2019/5 1000万DL突破

アドベンチャーの強み・ビジネスモデル

  • 世界各国の航空券を横断的に検索することができる点
  • 使いやすさ。顧客は、搭乗日と出発・到着の空港名を指定すれば、条件に合う航空会社を一度に検索することが可能
  • サイトの多言語化に対応で、「WannaTrip」では18言語に翻訳され、世界の様々な国において展開

アドベンチャーのリスク

  • 世界情勢、原油価格、天候など外的要因にも左右される
  • 参入障壁が低い
  • 社員数が少なく、一人ひとりが重要。(強みでもある)

アドベンチャーの投資判断

インバウンド銘柄の1つとしても挙げられる。少なくとも東京オリンピックまでは、外国人旅行客を3000万にへと上方修正しようかという機運(さらに4000万人へと上方修正された)なので、買い推奨でいいのではと判断しています。

比較【6191】エボラブルアジア

コメント