【9450】ファイバーゲート企業研究とビジネスモデル

スポンサーリンク

【9450】ファイバーゲート企業研究とビジネスモデルについてまとめています。『ありがとう』を集める。という経営理念のもと、既存ビジネスの拡大安定化と財務体質の強化、Wi-Fiプラットフォームの提供・拡大、マーケティング(広告)ビジネスの収益化を目指している企業。それでは、【9450】ファイバーゲート企業研究とビジネスモデルです。

【9450】ファイバーゲート

ストックビジネスをベースにした継続的かつ安定的な成長、顧客にとって価値が更に拡がるような付加価値の高いサービスの創造、機能分化による意思決定と人材育成の早期化、の3つの戦略を掲げ、中長期的な企業価値の向上を目指し、グループ全体として営業力、収益力及びサービスの質を高め、更なる基盤事業の確立に向け取り組んでいる企業。『第二の創業プロジェクト』を平成25年7月に始動し、強固な顧客基盤によって支えられている二つのストックビジネスを、更に裾野を拡げた総合アウトソーシング事業として拡大するとともに、住まいと暮らしを支援するような新たなサービスを創出、提供することを宣言し、進捗中。

スポンサーリンク

業績推移

fain

引用:ファインゲート決算資料より

主な収益の柱・事業ドメイン

  • 社宅管理事務代行事業…社宅管理事務代行、システム開発他
  • 施設総合管理事業…マンション等施設管理、修繕工事他

最近の動向

  • 「ワンタッチWi-Fi」リリース

強み・ビジネスモデル

  • 顧客企業からの受託件数に対応して売上高が増加するビジネスモデルなどニッチ市場に向けて、フローとストックの2本柱を用意
  • 差別化ポイントは、①製品開発力、②価格競争力、③認証技術の3点

課題・リスク

  • 将来の中核事業となるような第3、第4のビジネスの創出と育成
  • 中核人材の育成と次世代人材の育成
  • ホールディングス体制への変革
  • 経営スピードの加速化
スポンサーリンク
スポンサーリンク