【7049】識学企業研究|業績売上推移・ビジネスモデル

スポンサーリンク

【7049】識学企業研究|業績売上推移・ビジネスモデルについてです。

識学の概要

社独自の組織運営理論「識学」を活用したマネジメント改善による組織改革」をテーマに掲げ、組織の経営層・幹部層に対するコンサルティングサービスを通じ、顧
客組織の運営改善に取り組んでいる企業。

識学
識学とは、ヒトの意識構造を分析し、行動を阻害する誤解や錯覚の発生原因を研究した、当社独自開発の理論です。組織のパフォーマンスを阻害する事象の発生要因と解決策を体系化しており、組織運営に活用することで組織の生産性を高めることができるとされる。
スポンサーリンク

識学の業績

識学売上推移

識学売上推移

主たるターゲットは、成⾧期にある中堅・中小企業。従業員数が大きく変化している企業や従業員定着率に課題を抱えている企業などが対象で、業績拡大中。創業4年目だが、売上高は急ピッチで成⾧。

識学の主な収益の柱・事業ドメイン

  • マネジメントコンサルティングサービス点経営者・幹部層マンツーマントレーニングであるマスタートレーニングを始めとした当社独自の組織運営理論「識学」に基づく組織運営を導入・浸透させ、組織の生産性を上げるサービス
  • プラットフォームサービス…ウェブ上で顧客の識学実践を支援するクラウドサービス

識学の強み・ビジネスモデル

  1. 識学メソッド…識学は経営トップ層へのアプローチ、論理性、マンツーマントレーニングの3点で独自性高い
  2. 高い顧客満足度…顧客獲得ルートは実質的に紹介(紹介+紹介代理店)が7割超。そ
  3. 高付加価値経営…付加価値の源泉はメソッドにあり。売上総利益率は89%にも到達

今後の課題・展望

  • 識学の認知度向上
  • プラットフォームサービスを強化・推進し、ストックビジネスを構築し、収益基盤の安定化を図る
  • M&Aデューデリジェンス(組織DD)への識学適用領域拡大
  • 企業以外の組織への導入拡大
  • BtoC領域への進出

その他7000番台の企業

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る