【7048】ベルトラ企業研究|業績売上推移・ビジネスモデル

スポンサーリンク

【7048】ベルトラ企業研究|業績売上推移・ビジネスモデルです。国内及び世界145ヵ国の現地体験型オプショナルツアー(現地体験ツアー)専門のオンライン予約サイト「VELTRA(ベルトラ)」等を運営

【7048】ベルトラの概要

「関わるすべての人達とともに持続的に成長し、独自の存在感をもって、観光産業と国際交流をリードするグローバル企業」を企業理念として掲げ、現地体験ツアーにフォーカスし、旅行者と世界をつなぐOTA(オンライン・トラベル・エージェント)企業として、従前より積極的に推進していた取扱エリア、催行会社数並びに取扱数の拡大に加 えて、ウェブサイトの多言語化を推進

スポンサーリンク

ベルトラの売上推移

ベルトラ売上推移

ベルトラ売上推移

  • 営業収益(連結)は3年( 2014-2017年)平均で30%成⾧
  • 世界各地を周りツアーを主催する現地催行会社と直接契約
  • 市場別に最適化した商品を当社にて作成。プロモーションを実施し販売
  • 販売価格は現地と同じ価格(各国通貨)、決済時はユーザーの通貨にて決済
  • 営業収益は販売価格から仕入代金を引いた手数料収入
  • 旅行者が任意で投稿した体験談を元に商品の改善を実施

ベルトラ 主な収益の柱・事業ドメイン

  1. 主に日本人の海外旅行向けのサービスを提供する「海外旅行部門」
  2. 訪日旅行者向けのサービスを提供する「インバウンド部門」
  3. グローバルな旅行者向けに世界各地のサービスを提供する「グローバル部門」

ベルトラの強み・ビジネスモデル

  1. 国内及び海外の現地体験ツアー商品の提供…国内及び世界145ヶ国、約5,000社の催行会社と直接契約し、観光ツアー、文化体験、グルメツアー、ショー・エンターテインメント、美術館・博物館、クルーズ、レストラン、スパ・エステ、ゴルフ、マリーンスポーツなど幅広いラインナップで提供
  2. ITを活用した独自のマーケティング力と商品企画力…催行会社との契約、商品情報の掲載、商品の販売、旅行者の現地体験ツアーの参加、その後の体験談投稿という一連の流れの中で、ITを活用した独自のマーケティング力と商品企画力を構築

ベルトラの課題

  • 取扱商品数の拡充および安定した在庫確保
  • 認知度及びブランド力の向上
  • システム障害

ベルトラと同じ旅行関連企業

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る