【6561】HANATOUR JAPAN企業研究とビジネスモデル

【6561】HANATOUR JAPAN企業研究とビジネスモデルです。韓国からの日本向けインバウンド旅行商品にかかる日本国内の各種手配業務、中国、東南アジアからのインバウンド手配業務、旅行販売専用サイトの運営等を中心に展開している企業。それでは、【6561】HANATOUR JAPAN企業研究とビジネスモデルです。

【6561】HANATOUR JAPAN

韓国からのインバウンド手配旅行業では、HANATOUR SERVICE INC.からの送客に対し、現地のホテル、バス、レストラン、観光地等の手配業務を行い、友愛観光バスとの業務提携により、各地のバス手配を行っている企業。また、パッケージツアーのみならず、訪日個人旅行者、企業の報奨旅行等の受注型企画商品も多数取り扱っている。

ベトナムのホーチミンに設立したHANATOUR JAPAN SYSTEM VIETNAM COMPANY LIMITEDにおけるホテル等宿泊施設の予約販売システム「Japan Tomaru」、チケット等の販売チャネル拡充のためのシステム「Japan Topken」は計画通りに開発が進み、平成30年1月31日にリリースするに至っており、またグループ内のITインフラの整備等も順調。

スポンサーリンク

主な事業ドメイン・収益の柱

  • 旅行事業
  • バス事業
  • 免税販売店事業
  • ホテル等施設運営事業

最近の動向

  • 「都市型ハイヤー事業」開始
  • 「JAPAN TOPKEN」各種チケット販売サイトをオープン
  • 「JAPAN TOMARU」BtoB向けホテル販売サイトをオープン

強み・ビジネスモデル

  • LCC増便を背景に多様なゲートウェイに対応
  • 魅力ある観光ツアーの実施
  • 顧客ニーズを踏まえた柔軟な商品企画
  • 他社と異なりBtoBを主軸に展開し、高い利益率を確保

課題・リスク

  • 競争力のある旅行商品づくり
  • 自然災害・国際情勢等の影響
  • 情報システムの障害

その他6500番台の企業

スポンサーリンク