【6094】フリークアウト・ホールディングス企業研究|業績売上推移・ビジネスモデル

フリークアウト・ホールディングス企業研究とビジネスモデルです。、日本のインターネット広告におけるリアルタイム広告枠取引を行うデマンドサイドプラットフォーム及びビッグデータを分析するデマンドサイドプラットフォームの提供する企業。それでは、【6094】フリークアウト・ホールディングス企業研究とビジネスモデルをみていきます。

【6094】フリークアウト・ホールディングスの概要

平成23年1月に日本国内で初めてRTB技術の商用化を実現し、リアルタイム広告枠取引を行うDSP「FreakOut」及びビッグデータを分析するDMP「MOTHER」を基に事業を展開。「人に人らしい仕事を」をミッションに掲げ、広告取引を人の手からコンピュータ間の取引に変えることで、広告業に従事する人に対して、”創造的な仕事と向き合う時間”(=余剰労働力)の提供している企業。

  • RTB…Real Time Biddingの略で、リアルタイム入札の意味。「 リアルタイム入札」とは、オンライン広告の入札の仕組みであり、広告のインプレッションが発生するたびに広告枠の競争入札を行って配信する広告を決定する方式。
  • DSP…Demand-Side Platformの略で、広告主の広告効果最適化を目指すプラットフォームです。広告枠の買い付けや配信、クリエイティブ分析までを自動で行い、最適化を行う。
  • DMP…Data Management Platform(データ・マネジメント・プラットフォーム)の略で、「ネット上に蓄積されているあらゆるユーザーデータを統合的に管理するプラットフォーム」のこと
スポンサーリンク

フリークアウトの業績売上推移

フリークアウト

過去最高の四半期売上を引き続き更新

フリークアウトの収益の柱

  • DSP事業
  • DMP事業

フリークアウトの最近の動向

<2018>

  • Playwire ソリューションをアジア全域にて展開開始
  • 本田商事を設立し、各拠点単位で配置されたアプリ事業を全拠点横断したアプリ事業として再編

    <2017>

  • Tokyo Prime、TOKYOの新しいライフスタイル情報を発信する「HILLS LIFE DAILY」のコンテンツ配信を開始
  • 新卒採用業務にもっと便利に。Talentioが逆求人型就活サービス「OfferBox」の連携に対応
  • サイバーエージェントが提供する「LODEO」との連携を開始

フリークアウトの強み・ビジネスモデル

  • DSP事業は、SSP・アドエク スチェンジ及び媒体社を通 じて広告枠を仕入れ 、広告主・広告代理店に対してインターネット広告枠の提供および一部広告代理店に対しては、DSPプラットフォームのOEM提供。
  • DMP事業は、データ保有事業者から多様な膨大なデータ(1stPartyデータ、3rdPartyデータ、オフラインデータなど)を集め、DMPプラットフォームにて蓄積・解析を行い、広告主・広告代理店に対してDMPプラットフォーム の提供・構築支援、及びデータ活用のコンサルティングサービスを提供。

フリークアウトのリスク

  • システム障害
スポンサーリンク
トップへ戻る