【4384】ラクスル企業研究とビジネスモデル

スポンサーリンク

【4384】ラクスル企業研究とビジネスモデルです。「仕組みを変えれば、世界はもっと良くなる」という企業ビジョンの下、デジタル化が進んでいない伝統的な業界にインターネットを用いて新しい仕組みを創り、既存のビジネス慣習を変えていくことで、主な顧客である国内の企業・個人事業主の経営をより良くすることを目指し、事業を展開している企業。それでは、【4384】ラクスル企業研究とビジネスモデルです。

【4384】ラクスル

多重下請け構造下にある中小印刷会社や中小運送会社をインターネットで結びつけ、仮想的に巨大な供給キャパシティを持ち、ECサイトを通じて直接発注者と繋げるシェアリングプラットフォームを創出することで、1社が製造から販売まで全ての機能を持つ産業形態ではなく、サプライヤーと顧客の需給を効率良く結び付ける21世紀型の産業形態の在り方を提示していく企業。

スポンサーリンク

売上推移

証券コード4384

資料より

主な収益の柱・事業ドメイン

  • 印刷事業…印刷・集客支援のシェアリングプラットフォームである「ラクスル」
  • 運送事業…荷物を送りたい顧客と運送会社のドライバーをマッチングして、インターネット上で荷物の配送予約から支払までを行うことができる物流のシェアリングプラットフォーム「ハコベル」

強み・ビジネスモデル

  • BtoBプラットフォームとしてのユニークなポジショニング
  • ネットワークとして築いている印刷会社に発注し、印刷機の非稼働時間を使って印刷をする仕組みを開発、提供
  • ほとんどのプロセスをEC化することで人件費を中心とした営業費用をなくし、小ロットでも低単価で配布できる体制を構築
  • 運送業界においてもITによる効率化を図るとともに業界構造そのものをフラット化することで、荷主・運送会社双方に新たな価値提供

成長モデル

プラットフォーム「ラクスル」の運営を通じ、ユーザー(顧客)とサプライヤーをエンパワメントすることで、サプライヤーの増加、当社プラットフォームのキャパシティの拡大、ユーザーの増加、取引量の増加、さらなるサプライヤーの増加という、自律的な成長モデル

課題・リスク

  • システムトラブル

その他の4000番台の企業

スポンサーリンク
スポンサーリンク