【4175】colyの企業研究(業績・ビジネスモデル)

【4175】colyの企業研究(業績・ビジネスモデル)です。

スポンサーリンク

colyの企業研究

「もっと、面白く」という企業理念を掲げ、モバイルオンラインゲームを軸とした女性向けコンテンツ事業を行っている企業。モバイルオンラインゲームに登場するキャラクターを使用したマーチャンダイジング(MD)も展開。

マーチャンダイジング(MD)…自社の商品やサービスを消費者に販売するにあたり、その販売方法や価格設定を戦略的に設定するための活動や計画、管理。colyにでは、ゲームの版権(著作権)の利用許諾取引を行う。

colyの収益の柱

  • モバイルオンラインゲーム事業ドラッグ王子とマトリ姫、スタンドマイヒーローズ、魔法使いの約束のゲームなど
  • MD事業…モバイルオンラインゲームに登場するキャラクターを使用した缶バッジやアクリル製置物等のグッズの企画・販売と保有IPの利用許諾取引
IP(intellectual property)…知的財産で、発明やデザイン、著作物など、人間が創造的活動により生み出したもの

colyの売上

(単位:百万円)

  • 2016年1月期(実績)136
  • 2017年1月期(実績)461
  • 2018年1月期(実績)1,350
  • 2019年1月期(実績)2,447
  • 2020年1月期(実績)3,359
  • 2021年1月期(予想)6,190 (前年比+84.3%)

colyの強み

  • 1タイトルあたりの収益源の多様化…アニメ化、舞台化、コミカライズ等の積極的なメディアミックス展開により、収益源の多様化を図る。
  • 展開エリアの拡大…文化的に親和性の高い東アジアを足掛かりとし、将来的には北米をはじめとしたエリアへの拡大も目
    指す。韓国及び台湾には展開済み

コメント

テキストのコピーはできません。