【3998】すららネット企業研究|業績売上推移・ビジネスモデル

スポンサーリンク

すららネット企業研究とビジネスモデルです。環境に左右されず、どのような子どもたちにも最適な「教育の機会」を提供することを目指し、eラーニングによる教育サービスの提供とその運用コンサルティングサービスの提供を行う事業を展開している企業。それでは、【3998】すららネット企業研究とビジネスモデルです。

【3998】すららネットの概要

主に小学校・中学・高校生を対象としている学習塾や学校等に対して、オンライン学習教材「すらら」サービスの提供。また、「すらら」を導入する顧客に対して、「すらら」を活用した教育カリキュラムの提案や独立開業の各種支援、無料勉強会の定期開催等による各種経営支援サービス、他社とのコラボレーションによるコンテンツの提供等を行っている企業。

すらら
小学校低学年から高校生の子どもたちが国語・数学・英語の3教科を、インターネットを通じてコンピューターで学ぶことができる「対話型アニメーション教材」です。スモールステップで理解を助けるレクチャー機能と、理解したことを定着させるドリル機能がセットになっており、子どもたち個々の学力に応じて、学習することが可能
スポンサーリンク

すららネットの業績売上推移

すららネット

  • 売上・利益順調に増加
  • 校舎数順調に増加
  • 独立開業だけでなく、ローカル中堅大手に注力することで効率的に事業拡大を狙う

すららネットの主な収益の柱・事業ドメイン

  • ラーニングサービス関連事業

<特徴>
➊次世代型教育システムの提供…児童・生徒の成績を上げるための従来のeラーニングにない要素を網羅
➋学校・学習塾へのコンサルティング…学校、学習塾の個々の経営課題に対するソリューション・新業態提案を実施

すららネットの最近の動向

  • 東証マザーズ上場

すららネットの強み・ビジネスモデル

  • 「BtoBtoC」に加え、「BtoC」のビジネスを展開していることで安定的な成長が見込める
  • 低学力児童・生徒が抱える課題を解決
  • 運営側(学習塾・学校)が抱える課題を解決(講師数を抑えて少ない生徒数でも利益を出すことのできる「低コスト」経営が可能)

すららネットの課題・リスク

  • コンテンツ不足の解消(理科・社会)
  • 少子化
  • 情報漏洩
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る