【3993】PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)企業研究|業績売上推移・ビジネスモデル

PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)企業研究とビジネスモデルです。顧客との関係を新しくするアルゴリズムソリューションを展開。 特に、自然言語処理、画像認識、機械学習/深層学習技術を用いたアルゴリズムソリューションを 各種ハードウエア端末(サーバ、スマートフォン、医療機器、各種IoT機器)向けに開発・提供している企業。それでは、【3993】PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)企業研究とビジネスモデルです。

スポンサーリンク

【3993】PKSHA Technologyの概要

人工知能技術分野のアルゴリズム(言語解析、画像認識、深層学習等)をライセンス販売するアルゴリズムライセンス事業を展開。最先端のアルゴリズム開発から各種ハードウエア/ソフトウエアへの実装までをワンストップで行っており、情報科学分野の研究者・エンジニアにより構成されている企業となります。アルゴリズム技術を応用展開することで、新たな市場へ拡大することが期待されます。

PKSHA Technologyの業績売上推移

年度売上(百万円)
201310
2014110
2015292
2016459
2017934
20181503
20193061
20207393
  • 新規案件の獲得およびアルゴリズムライセンスの積み上げ、アルゴリズムソフトウエアの拡販により売上が伸⾧
  • 社内インフラ強化/オフィス拡張等の一時費用および先行投資の結果、第2四半期累計期間の営業利益率は36%

PKSHA Technologyの主な収益の柱・事業ドメイン

  • アルゴリズムライセンス事業

<販売形態>
➊顧客企業のソフトウエア・各種ハードウエア端末向けにアルゴリズムモジュールを組み込むライセンス事業
➋アルゴリズムモジュールを組み合わせることで自社ソフトウエアを構築し、販売するライセンス事業

PKSHA Technologyのビジネスモデル

収益は初期設定時のイニシャルフィーと設定後のライセンスフィーの2つから構成
「高い継続率」と「積上モデル収益構造」を持つ事業特性

PKSHA Technologyの強み

  • エンジニア・研究者コミュニティへのアクセスをもとに、大多数が社員紹介による採用(リファラル採用)
  • デジタル技術に精通し、既存業界を巻き込み価値創造できるエンジニア的人材の保有
  • 各対応市場へアルゴリズムを提供していくとともに、自社アルゴリズムソフトウエアを展開

PKSHA Technologyの最近の動向

<2020>

  • 大企業向け契約データベース「MNTSQ for Enterprise」正式版がリリース。コマツ、大阪ガスなどに提供開始
  • 対話エンジン「BEDORE Conversation」をHulu の新規会員と既存顧客サポートに提供開始
  • 合弁会社「株式会社AlgoNaut(アルゴノート)」の設立
  • 「Microsoft Teams」とAPI連携を開始
  • ベネッセと共同開発した学習アプリ「AI StLike」が、日本e-Learning大賞 経済産業大臣賞を受賞
  • 「KARTE」と対話エンジン「BEDORE Conversation」が連携開始
  • ベネッセの学習アプリ向けにアルゴリズムを提供開始
  • PKSHA 自然言語処理ライブラリ「Camphr」(カンファー)をオープンソースとして公開

<2019>

  • Sapeet 3D Moduleの開発の加速と導入の開始
  • PKSHA SPARXアルゴリズム1号ファンドの運営開始
  • 実空間&Mobility/MaaS 領域の取組みの加速

PKSHA Technologyの課題・リスク

  • システム障害
  • 技術革新への対応

コメント

テキストのコピーはできません。