【3976】シャノン企業研究とビジネスモデル

スポンサーリンク

【3976】シャノン企業研究とビジネスモデルです。ミッションとして「テクノロジーとサイエンスにもとづくマーケティングによって、顧客の市場拡大化と利益最大化を実現し、企業のより創造的な活動に貢献します」を掲げており、ビジョンとしては「企業のマーケティング課題を解決するマーケティングクラウドのリーディングカンパニーとなり、顧客から最も信頼される企業」を目指して事業運営を行っている企業。それでは、【3976】シャノン企業研究とビジネスモデルです。

【3976】シャノン

クラウド製品である統合型マーケティング支援サービス『シャノンマーケティングプラットフォーム』の開発・販売及び関連するマーケティングコンサルティングサービスの提供を行っている企業。、国内企業としていち早くこのマーケティングオートメーションの重要性に着目し、平成23年2月に統合型マーケティング支援サービス『シャノンマーケティングプラットフォーム』をリリースして以来、国内マーケティングオートメーション市場の創出に務め、日本における企業のマーケティング活動の効率化やマーケティング課題の解決を支援。

マーケティングオートメーション
リードの獲得及び商談化のプロセスを高度化・自動化するツールであり、興味・関心や行動が異なる顧客ごとに「最適なコンテンツ」を「最適なタイミング」で「最適なチャネル」で提供できる仕組み
スポンサーリンク

主な収益の柱・事業ドメイン

  • マーケティングオートメーション
  • イベントマーケティング

最近の動向

  • シャノンの「イベント受付来場認証」がPepperと連携し、「SoftBank Robot World 2017」の総合受付で採用
  • シャノンとソーシャルワイヤー マーケティングミックス分野における業務提携
  • シャノンとSCSKサービスウェア、 BtoBマーケティングソリューション提供において協業

強み・ビジネスモデル

  • 『シャノンマーケティングプラットフォーム』は、マーケティング業務の基幹システムとして顧客企業に利用されることによりサブスクリプション売上を長期間にわたり継続的に確保することが可能

課題・リスク

  • システム障害

その他3900番台の銘柄

スポンサーリンク
スポンサーリンク